獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200310-25

避妊手術
投稿日 2003年9月4日(木)14時02分 sak

女の子の飼い主さんにとっての永遠のテーマ(?)・・ですよね
ついに我が家にも訪れました。
病気予防のために手術は受けてもらおう!と決めているのですが、心の片隅にひっかかるものが
あるんですよねー・・
診ていただいている病院にも先生にも不安はないし、本人(うさ)も1才3ヶ月で体力あり、
季節も穏やかになってきてる・・とタイミングはバッチリなのですが。

実家の犬(中型)の避妊手術をした時はこんな不安は感じなかった、というか
室外飼育だったので「必要性」が先にきて、あっさり受け入れたという感じでしょうか。
やっぱり、うさぎの小さな身体にメスが入るのが心配なんですよねー・・
かといって病気になってしまったら、もっとかわいそうな思いをさせることになるし。
結局どういう選択をしても、こうしてセンチメンタルになることも「人間のエゴ」であることに変わりないんでしょうね。

なんだか煮えきらない内容になってしまいましたが、文章にしたら自分の気持ちを
客観的に見れるかなー、なんて思いまして。
・・こうしてまた予約の電話を先延ばしにしてるだけなんでしょうね。(TヘT)


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。