獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200501-41

ゆっこさn
投稿日 2005年1月19日(水)22時22分 投稿者 チーママ

先に意見交換をチェックしていたので、そちらにお返事書いてしまいました。

あきらめずに、早めにウサギを得意とする獣医さんへ行ってくださいな。
ウサギの骨格はもろく、少々の骨折(私達がよく言うと事のヒビ)でも
ウサギにとっては大変です。またこうした事は獣医さんがどれだけ
レントゲンを診れるかという腕にもかかってきます。
アチラでも書きましたが、脱水に気をつけて。
私なら様子を見て毎日でも、補液(水分や栄養分など)に通うと
思います。こうした症状は最初が肝心です。どれだけ早く的確な
治療ができるかという事で、結果がかなり左右されると感じます。
必要なら入院も視野に入れて、獣医さんに相談しましょう。
ただお勤めしているのでもなければ、自宅のほうがきめ細かい
ケアが出来ます。
決してあきらめてはいけませんよ。ここのリンク集の「健康と情報」
も参考に、獣医さんを探してみてくださいね。
鍼灸も役立つと思いますよ。ビタミン投与も良いかと思います。
昨年我が家のインコが小脳の感染症で、一時頭はぐらぐら、食べる
事もできない、止まり木に止まることも出来ない状態になりました。
一生強制給餌と覚悟しましたが、なんと半年後自分で食べて暮らして
います。多少飛ぶのが上手くいきませんが、そんな事は瑣末な事です。
獣医さんもまさかここまで治るとは思わなかったのです。
ビタミンに注目して、私の飲んでいた大麦若芽の粉を混ぜたりも
しました。だめ元で、あれこれやってみました。
でも一番はその子の生きる力。生きる力のある子は、必ずよくなりますよ。
ウサギさんの力を信じ、その力を助けていくという気持ちで
頑張ってくださいね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。