獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200705-106

Re:動物病院の対応についてご質問が…
投稿日 2007年5月25日(金)23時49分 投稿者 チーママ

まずは大変にお気の毒に思います。
直前のアルUさんのウサギさんも、あわや同じことがおきてもおかしくないところでした。

こうした事故は、実はウサギさんには起こりやすいものと言えます。
診察台から落として骨折。強く抑えすぎて骨折。あるいはショック死。
ウサギだけでなく、動物の治療はストレスをかけない保定が一番大事なのですが、ウサギさんは特に骨が他の動物より弱い上、ショック症状で亡くなることもあるので、ウサギを診慣れた獣医さんは一番注意するところです。
背中や腰を押さえつけるのは、一番×です。
我が家の獣医さんは、暴れたらお尻を丸くするようにして(けったりして暴れることが出来ない)、ウサギさんの頭を脇に入れて(目が見えないとおとなしくなる)人間の体全体で覆うようにして(体重はかけません)落ち着かせていますね。
決して暴れるのを無理をして、診察や処置を続けない。
いったん落ち着かせてから、再度アプローチです。

で、この獣医さんのやり方が悪かったのは確かですね。
ですから、当日の治療代をとらなかったのでしょう。
これは、まだ良い方です。
ただし、以降の治療費を取るかどうかは、獣医さん次第だと思います。
悔しいでしょうが、治す為の治療費を払うケースは少なくないと思います。
また、それが違法とは言えません。
故意に引き起こしたわけではなく、あくまでも事故ですので、訴えるとしてもその点が争点になります。最も、ウサギを良く見る獣医さんなら、こうした事は十分に予想できたことだとは思いますが。

私としては、それはともかく、ウサギさんが治れば良いと思います。
まぁ、多くの場合、ウサギの骨折手術は大変難しいので、ゲージレストと言って安静を保って、骨の回復を待つことが多いでしょう。
人間や他の動物では、ほとんどが1ヶ月もすれば骨がつきますが、ウサギさんの場合は2〜3ヶ月はかかると思ってください。

ウサギの骨折については、今だまとめていないのですが、おそらく神経の炎症を止める目的でステロイドが必要なのではないかしら? 
それも早い段階での投与でなくてはならないと思いました。
なにを注射したか分かりませんか?
骨折による神経損傷は、時間がたってから出てくることもありますので、要注意です。
また痛がることも考えて、痛み止めも必要かもしれません。
いずれにしても、今現在はゲージの中から出さないようにしてください。
また、ゲージの中は何もおかないようにして、足を引っ掛けてこれ以上悪くしないように。餌や水は動かないでも取れる位置を工夫してください。
ゲージの下が金網の場合は、牧草を多く敷いたり、かじらないならペットシーツを敷くなど工夫してください。金網で爪を引っ掛けて悪くすることもありますから。

お住まいの地域によっては、なかなかウサギを診る獣医さんを見つけられないかもしれませんが、私なら多少遠くてもウサギを良く診る獣医さんに、改めて診ていただきます。
その上で、今かかっている先生にお願いするかどうか、考えても良いとは思います。
どんなにウサギを良く診る獣医さんでも、骨折事故は絶対ないとはいえないでしょうが、この獣医さんの取り扱い方は???です。
ちゃんとした保定も出来ない獣医さんが、適切な治療が出来るのか?
起こってしまった事故の損傷を出来るだけ小さくする為に、その獣医さんがどれだけの経験と知識を持っているのかが、ポイントだと思います。

どうか、骨折の程度がひどくありませんように。足を引きずるのも、一時的なもので治ることを、心から祈っています。
経過を教えてくださいね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。