獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200705-28

歯根膿腫・その後・・・
投稿日 2007年4月19日(木)16時39分 投稿者 みな

チーママさん、ご無沙汰してます(^−^*)

その後、他の獣医をあたってみるものの、たいした収穫は無く、何もせずに3週間程経過してしまいました。やっぱりその間に腫れがひどくなってしまいました。
ウサギを診れる獣医さんがいても遠すぎたり、仕事の都合がつかずで・・・。
意を決して、もう一度今までかかってた獣医さんの元へ行ってきました。
「・・・しっかり話してダメなら遠くの動物病院へこう!」と思い、今回はしっかりと今後の治療について話し合いをしました。

「何度か歯根膿腫のウサギを診ましたが、これと言って目覚しい治療の成果が無かったんですよ。」と言っていらっしゃったので、ビーズを埋め込む治療の事を聞いてみたらご存じなかった様子でした。
特に困った顔をせずにお話をしてくださって次の診察までにはビーズに関しても「勉強しておきます」とおっしゃってくださったので帰宅後手持ちの飼育書のコピーをファックスしました。・・・(嫌味に思われないように丁重に送らせていただきました。)

・・・こんな簡単な事が、今までナゼ言えなかったのか不思議な気持ちでいっぱいです。
何かおかしいですね〜(笑

今後は遠慮せずに、解らないことはどんどん先生に質問していこうと思いました♪

手術の際には麻酔をかけると思いますがやっぱり恐いもんなんですか?
(獣医さんが、麻酔に関してはとても慎重になっていた様子でしたので。)
顎の手術でも、やっぱり全身麻酔をかけるんでしょうか???

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。