獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200905-72

子宮の手術
投稿日 2009年5月25日(月)15時31分 投稿者 かぶちん

何時もいろいろと参考にさせていただいています。
六歳のドワーフの女の子です。四歳のときに臼歯の不正交合を発症してから月いちのペースで麻酔下で、研磨しています。
今年始めくらいから時々うすい血尿が出るようなりました、二日くらいでおさまっていたのですが最近になって量も色もひどくなってきたので止血剤と抗生物質を処方してもらいましたが、治まらず尿、血液、レントゲン、エコーの検査の結果子宮に何らかの液体がたまっているという事でした。来月二日に開腹手術の予定が決まったのですが、その際先生から「実は、うちはできるだけうさぎの開腹手術はしない方針で避妊手術もお断りしていまして・・・」といわれました。実際過去に子宮蓄膿症などの二例しかないそうです。近所では評判の先生で常に順番を待ってる子で一杯なのに・・なかなか手術の話が出なかったのはそのせいだったのかと驚きました。とりあえずお願いして帰ってきたのですが、お薬は何もなしで血尿も続いてます。動物にやさしくて丁寧な先生ですが思い返すとあまりうさぎの治療には積極的ではないような印象です。今のところ食欲もあり元気もありますが、このまま待っていていいものかどうか悩んでます。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:「ペット用品販売」「犬の快癒整体」OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。