獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200912-16

Re:毛の生え換わり
投稿日 2009年11月24日(火)00時59分 投稿者 チーママ

なりますよ(^^)
抜け方は、個々のうさぎさんで違いますし、年齢によっても変わってくるようですが、ごっそり抜けることはありますね。
ちなみに我が家のグレーのミックスは、去年まではアメショー柄にシマシマ模様になって、どこまで抜け替わっているのか地図の等高線のように分かりました。ですから、顔が抜けているときは、眉毛模様が現れたりします。6歳になってからは、全身あちこちがぼそぼそ抜けています。
真っ白の子は、あちこちがボコボコ抜けて、全身が凸凹になります。
特に下毛の細い毛が抜けている時が、一番毛並みが悪くなりますね。
換毛期には、なるべくお腹に毛が入らないように、マメにブラッシングする事が必要ですが、一つだけ気をつけるべきことは「抜きすぎない」です。
ウサギの毛は、敵に襲われた時に逃げやすいように、毛が抜けやすくなっています。
つまり、抜けばいくらでも抜けてしまうので、ハゲを作ってしまう事も。
特に腰から下の皮膚は弱く、ひどい場合は表皮ごと剥がれてしまう事もあるそうです。
実は先日白いウサギのお尻の辺りに、赤むけになっているところがあって、びっくりして病院に飛んで行ったら、そういうわけだったのです。
私はあまり頻繁にブラッシングはしないので、同居のウサギが毛をかんだのだと思うのですが、すりむいたように赤くなっていてびっくりしました。
その時に獣医さんが「ブラッシングのしすぎでもなる事がありますから、ほどほどですよ」と、おっしゃっていました。傷は何の治療もせずに、自然治癒しました。
かといってほっておくと、場合によっては細い毛が絡まって団子になってしまうこともあり、皮膚の湿度が上がって健康上よろしくないこともありますから、やはりお手入れは必要ですね。
ウサギさんとのスキンシップもかねて、上手にブラッシングをしてあげてくださいね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。