獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200912-52

Re:緊急!! うさぎの出産
投稿日 2009年12月22日(火)22時01分 投稿者 チーママ

ご心配ですね。
普通は日を開けて出産する事はないように思いますが、残念ながら経験が無いので分かりません。
今回は第一子を産んでから時間がたっていること。
出産が終わった母ウサギは落ち着くものなのに、落ち着かずにいるのが気になります。
万が一子供がお腹に残っていて問題がある場合は、親ウサギの命に関わる事もありますので、獣医さんに診ていただくしかありません。
どなたか経験ある方はいないかしら?

もし生まれても、手を出さないのが一番です。
万が一噛みそうになって子ウサギを助けても、生まれたての子を人工保育してもなかなか育ちません。母ウサギに任せるしかないのが実情です。
我が家は生後10日ほどから人工保育したウサギたちですが、無事に育ったのは、10日間は母乳を飲んでいたことと、もともとの丈夫さがあったからだと思っています。
また初めから獣医さんに診ていただいて、あれこれ指示を頂いた事も大きいと思っています。何しろウサギの母乳は大変栄養価が高く、小動物用のミルクだけでは不十分な事も多いようです。

子供を噛んでしまったり育児放棄をするのは、人間の気配などで落ち着かなかったか、初産で親ウサギが訳が分からずに起こる事故が多いと聞いています。
覗かず静かにしておくのが一番です。段ボール箱に穴を開けて、その中に入ってもらうか、全体を覆って外が見えないようにして、出産育児に集中させる方が安全でしょう。
お腹に赤ちゃんがいるかどうかは、獣医さんでもなければ分からないでしょうが、母ウサギのストレスを考えるとウサギに詳しい獣医さんで無いと難しいかもしれません。

近くにウサギを診れる獣医さんがいらっしゃれば、お聞きになるのが一番です。
もし獣医さんがいらっしゃらない場合は、じっと我慢の子でそっとしておく事です。
「うさぎ 出産」で検索すると、ウサギブリーダーさんのコンテンツや動画が出てきます。参考になるのではないかと思います。
また万が一子供が生まれて育児放棄した場合も「うさぎ ミルク」で検索すると、あれこれの体験談が出てきます。しかし生まれたばかりのウサギの世話は、かなり難しい事だけは覚悟してくださいね。

お役に立てずに申し訳ないです。
どうか無事にウサギさんが無事に今回を乗り切りますように。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。