獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200912-54

Re:寒さ対策
投稿日 2009年12月25日(金)12時41分 投稿者 チーママ

二重三重の防寒対策。なんて幸せなうさぎさんでしょう。
確かに6度というのは、結構な寒さですね。穴倉に入ってくれれば安心なのに、なぜか穴倉に入らない「穴うさぎ」が我が家にもいます(笑) 同じ男の子。
うさぎ部屋のホットカーペットの上にいればいいのに、いつも見張りよろしく洗面所の出入り口で玄関とリビング、後ろは台所がチェックできるという場所に鎮座しています。冷えるのじゃないかと気になりますが、ひょっとして男の子は見張りをしようという気持ちが強いのかしらね?

牧草を食べる量が減ったのは、やはり寒さと関係あるのかもしれませんね。
じっとしているので、新陳代謝がゆっくりになって、だからいまひとつ食欲が上がらないとか? カロリーを効率よく取れるペレットを好んだり?(寒さをしのぐには大層カロリーが必要なそうです。)  今までのように牧草を食べていないのですから、糞も小さくなりますね。
季節性のものか、単に冷えで胃腸の動きが低下して食べないのか、もうしばらくは要チェックかと思います。

若い時は、夏の暑さに比べれば、冬の寒さには強いです。
耳や体が冷たくて気になる時、手のひらをお腹の下に入れてみてください。
人間の体温は平均36℃前後、対してうさぎの体温は39〜40℃。体温が低い人間が触ってみて「温かい」と感じるなら大丈夫。
反対に手を当ててしばらくしても温かく感じないなら、冷え冷えですので急ぎ温めます。火傷に注意しながら、ぬれタオルをビニールに入れてレンチンした即席ホカホカで腰や肩を温めてあげる。あるいはホカロン使ってまんべんなくマッサージするとか。いろいろやってみてくださいね。
また我が家の男は6歳で、見張りはいい加減年寄りの冷や水という感がありますので、一日一回体を温めています。
リラックスして体が伸びて、体がやわやわになります(^^;;
同時にお腹の動きも良くなっているだろうと思っていますよ。
夜間人間がいるときだけでも暖房して、ホッと体の力が抜ける時間があっても良い気もしますね。
うさぎさんの様子をよく見ながら、うさぎさんと相談しながら良い方法を見つけてくださいね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。