獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200912-61

Re:異物?食滞?病院の選択肢が少なくて…
投稿日 2009年12月26日(土)18時00分 投稿者 チーママ

うさぎさん いかがですか?
もう病院で診ていただいているか、うさぎさん自身が食欲回復してくれていればよろしいのですが。

まず第一に、最近はよほどのことでなければ、開腹手術はしないようです。
昔は「詰まったら開腹して取ればいい」といった感じでしたが、最近は完全に閉塞を起こしてる、あるいはそれ以外の方法がない、というのでもなければ、内科的治療が多くなっています。
やはり開腹手術は体力勝負ですから、疲弊したうさぎさんをオペして、体力が持たなかったというは悲しい事です。それより最近はいろいろと薬や対処方法が増えてきたので、以前のように簡単に「開腹すればいい」という獣医さんは減ったのでしょう。

さて、確かに所によっては、病院を選んでいられない事も多いと思います。
そしてもし私が、その獣医さんとどうしてもコミュニケーションをとりずらいならばどうするか、ちょっと考えてみました。

1) その辺りでは一番よさそうなので、先生にお任せする。
2) その辺りでは一番よさそうなので、勇気をふるって先生に積極的に働き掛けて(つまりあれこれ質問したり情報提供する。きっと煩いと思われるでしょう:笑)コミュニケーションをとる。
3) 一番ではないし、経験も少なそうだけど、エキゾチックに熱心で情報収集にも熱心な先生を探す。

寒さが厳しい時期ですし、8歳という年齢もありますし、お腹は張っているけど、背中辺りがだらんとしているのは、あまりよろしくない気がします。
私ならすっ飛んで行く状態でしょうか。
という事で、まずいは今までの獣医さんに診ていただいて、どれくらいの緊急性があるか程度を診ていただきます。それでも今一つふに落ちなかったら、もう一件行ってみます。
つまり、セカンドオピニオンです。その結果で、どうするか考える。
ただし、病状がそんな悠長なことを言っていられない場合は、選んではいられませんけれど。

どんな名医でも獣医さんも人間ですから、相性が合わない事もあります。
そうなると何をやっても信頼感がなくて、何かあった時には「やっぱりね」となります。
(たとえ、誰が診てもそれしか方法がなくて、当然の帰結だとしても)
そして不信感が残ると、ご自分か獣医さんかを責めてしまう事になります。
そうならないように、なんとかコミュニケーションが取れると良いですね。
また、もう一度丹念にうさぎの経験がある獣医さんを探してみてくださいね。
うさぎさんが回復しますように!!

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。