獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200912-62

Re:緊急!! うさぎの出産
投稿日 2009年12月26日(土)19時24分 投稿者 みぃ

1匹は残念でしたね・・。とても心配ですね。
実はうちも2ヶ月ほど前に出産したのでその時の経験でよければ・・。
出産までに産室などを用意していなかった場合、育児放棄につながる事が多いように聞いた事があります。初産の場合やネザーなどの小型種は産む数が少ないようですが、うちは
ミニウサギで初産にもかかわらず、6匹も産まれました!!
もしまだお腹に子供が残っていたとしても、獣医さんでしか分からないように思います。
1日1回しか授乳せず、それ以外は子供からは離れて過ごしていました。
しかも人間がそばにいると授乳しませんでした。
授乳の時は、子供も必死におっぱいに吸い付いていくので、母親が子供を踏んでしまわないかとても不安だったので、産室は(産室の中で授乳するので)なるべく広い方がいいと思います。
授乳中の母親は、フードをとてもよく食べ、水もよく飲むので、たっぷり用意してあげてください。
子供が産室からヨチヨチと出てくるようになるまで、母親がいない時にトイレの掃除を手早く済ます程度で、あとはなるべくそっとしておきました。
うちも初めての経験で本当に不安だらけでしたが、母親うさぎがしっかりと育ててくれました。
人間がしてあげられるのは、母親うさぎが育児に専念できる環境をしっかりと整えてあげる・・ということぐらいでしょうか。

お役に立てるかわかりませんが、母子とも無事に健やかに育ってくれることを
心から祈っています。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。