獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200912-63

Re2:異物?食滞?病院の選択肢が少なくて…
投稿日 2009年12月27日(日)14時06分 投稿者 さえ

チーママさんありがとうございます。

救急はやっていないので、一晩やり過ごして病院へは開院してすぐ連れていきました。

混乱したままの文章を投稿してしまって恥ずかしいです、なんだか改行がすごいことに…。



うささんは強制投餌もしながらですが、少しずつ自分でも食べてくれています。
病態はガスが溜まってお腹の状態が悪い上に血尿なので、頂いた抗生物質がどう効くかが分からなくて恐いです。

でもよく考えたら、確かにこの齢でしかも弱っている時に開腹手術なんて相当厳しいですよね、すみません。

ただなんというか、いざという時に開腹やレントゲンをしてくれる獣医さんに診てもらえたら心強いのになと日頃から思っていたので、ついそちら方面に頭がいってしまったのかもしれません。棚の足カバーは関係ないと思うとのことでした。



県内の獣医さんを電話帳とネット頼りで色々調べてセカンドオピニオンもしたのですが、ケージから出すことも出来ない先生だったりで…。
動物病院の数だけで考えるとそこまで少なくないのに、うさぎも診療可能となると4軒ぐらいしかなくて。ハムスターくんを診てくれるところより断然少ないです。


今診て頂いている先生にはとてもお世話になっているので、これからチーママさんの提案して下さった2)で頑張りたいと思います。素人考えで生意気だと思われても勇気を出してコミュニケーションとっていきたいと思います!

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。