獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-201008-23

Re:眼振…
投稿日 2010年7月30日(金)01時51分 投稿者 チーママ

また眼振がおこるのではないかと、本当にご心配でしょう。
2年前からずっと毎日抗生物質を投薬しているのですか?
お腹の調子が悪くならないなら、それはそれでよいのですが。
獣医さんはパスツレラと診断して、抗生物質を処方されているのでしょう。
ステロイドは、神経保護、神経を落ち着かせるために使います。
今までずっと見守ってくださっているので、ステロイドの処方もちゃんと考えての事ですから、あまり怖がらずにきちんと投薬してくださいね。

でも、獣医さんはエンセファリトゾーン症のことは、おっしゃっていませんでしたか?
抗生物質の長期投与が必要な状態なら、一度はエンセファリトゾーン症を視野に入れていただくと良いと思います。
特に今回のように、パスツレラの対策をとっていたのに眼振がおこる。
抗生物質では収まらない。
そういう時は、やはり検討していただきたいと思います。
下記のリンク先は数年前に書いたものですが、内容的には現状でも変わっていません。
書き加えるとしたら、近年エンセファリトゾーン症に強い?耐性がある?といったウサギさんが出ている気がするということです。
以前ですと感染当初に劇症でなくなる子もいたのですが、最近はそうした話が少なくなっています。
多くの獣医さんがエンセファリトゾーン症を視野に入れて、早期対処が増えてきているせいもあるでしょうが、研究会の先生の感触としては、やはりウサギさん自身が耐性を持ってきていて、サポートしてあげれば上手に病気と付き合えるようになってきている感じがあるとおっしゃっていました。
つまり、昔よりは怖い病気ではなくなってきつつあるというところでしょうか。
ご一読願えれば、幸いです。
http://www.vets.ne.jp/faq/pc/slant001.html
http://www.vets.ne.jp/faq/pc/slant003.html

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。