獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-201008-30

子宮の病気に関する症状を調べています
投稿日 2010年8月1日(日)22時34分 投稿者 幸幸 

明日(8/2)の午前中に病院に行く予定なのですが
(件の鼻水の件でです。抗生物質を処方され一週間試しましたが、劇的な変化はなく、未だに少量の鼻水が出続けています。体感でちょっと前より減ったかな……どうかな、という微妙なところ)
延々探しているものの、全く同じような症状のウサギさんをネット世界で探しあてられないため、再びお願いに参りました。

ここ数週間の間で、ウサギの腹に突起のような膨らみがあることに気がつきました。(写真)
避妊手術をしていない子なので、もしかしたら……と考えています。
前回軟便をしたため以前から目をつけていた病院にお世話になりに行き、その診察の際、とくに子宮のことについて触れられなかったこと
(腹が張っているということは伝えておりました)
またその前日に尿試験紙を試したところ、結果が陰性で若干安堵していたのですが
当家のウサギは出産経験済み。
聞いた話によると、出産を経験したウサギは子宮に疾患を抱えても出血しないとのこと。
また、ホルモンバランスを崩すことで、食欲が減退するどころか増進されることもある
という情報を目にし、気を抜けないな、と注意深く見ていました。

ここ数日、妙に糞の量が増えています。
今までは55〜60gだった糞の量が突然80〜90gに。
一度だけ、玄関飼育時代に70g出して驚いたことがありますが、この時は翌日にはまた55gに戻っています(当方の記録より)。
ところが今回はここ3日だけでも連日80〜90g以上になっており、量もさることながら「増加している状態が続いている」ことが気にかかります。

糞の状態はここしばらく大きさが不安定でしたが、今日ようやく安定の兆しを見せており

このことから薬の影響とは考え難く(抗生物質と言えば下痢ですが、下痢はないので)
  (最近ようやく環境に慣れ始めた様子をみせるので)ストレスの軽減
  エアコンによる空調管理の恩恵
  牧草を段ボールにてんこ盛りにしているせい(一日に2〜3回替えます。トイレにもしているので)
などとも考えましたが、腹の突起は肥満とも違う気がして不安が募ります。

子宮、及び卵巣の病気は、初期段階ではエコーやレントゲンにうつらず、経験ある医師による触診しかないと聞いています。
そこで質問なのですが、そういった類の婦人科の病気を患ったウサギの腹というものはどのような手触りなのでしょう?
また、同じような症状(?)をご存じの方はいらっしゃいませんでしょうか。

もちろん病院でもこのことを相談してみようと思っておりますが
「念のため」の避妊手術を受けさせるには費用的な問題があり(家族がかなり否定的ですので、私一人の負担)、すぐにとはいきません。

せめて診察漏れ(のようなもの)を防ぐ手立てがあればと思っています。

獣医師を信用しないないわけではありません。
(通院先は大きな病院で、医師が数人おりますが、ウサギを含め、たくさんのエキゾチックアニマルを診察されている病院ではあるので)
それにセカンドオピニオンを試すにしても、この辺りにはウサギを見て下さる病院は、そこか、もう一軒(こちらにはあまりウサギが来ません)しかなく
またそう何度も気の弱いこの子を連れて出歩くのはとても不安です。

急に糞が増えた(=食欲が出た)というウサギさんのお話をどうか聞かせて下さい。

画像:

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。