獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-201008-31

Re:子宮の病気に関する症状を調べています
投稿日 2010年8月2日(月)01時26分 投稿者 チーママ

エアコンで快適温度になったことにより、食欲が出たのではないかと思いますが。
フンの量は、食餌内容によっても変わります。
我が家でのことですが、野菜>ペレット>牧草という感じで、フンが大きく量も増えます。牧草のみで出来ているペレットでは、牧草並みの大きさと量が出ます。
またウサギが太る時は、下側、つまりお腹側から脂肪がついてきます。
ですから体重を量って、増えていれば、お腹のふくらみは脂肪という事が多いだろうと思います。
肥満はよろしくありませんが、加齢と同時にどうしてもある程度の脂肪はつきます。
ましてや一度妊娠しているので、そのあたりに脂肪がつきやすいのは人間と同じ。
ある意味では、体力のストックですから、やせすぎよりは良いと思います。
肥満の目安として獣医さんに教えていただいているのは、背骨。
肩から背骨の両側を指でたどっていき、背骨の両側が挟めるくらいならやせすぎ。
反対に背骨の両側の凹みが無く、埋まって背骨が溝に感じるくらいなら太りすぎ。
適度に背骨の山がたどれるくらいなら、いいでしょうということです。
それでも、もうすぐ7歳になる息子は、寝そべるとムササビみたいにお腹の両側がタップンタップンして、こりゃ太りすぎでしょうというところですが、なかなかダイエットは難しく苦労しているところです。 食べないよりはねぇ…というところです。

子宮の異常の初期の触診ですが、これはもうかなりウサギに対してベテランで経験豊富な先生でなくては、分からないと思います。
飼い主が触って気がつくくらいなら、それはかなり進んでいるということで。
一応本などにウサギの臓器の位置などが描いてありますが、実際には個々に微妙に位置が違うので、飼い主がお腹を触って何か手に触るといっても、それが肝臓なのか、盲腸なのか、子宮なのかは分からないのではないかな?と思いますよ。
変に触ったり押したりして、腸炎を起してもいけませんし。

やはり一番良いのは、定期健診を受ける事。
ちなみに、我が家の場合ですと何の処置も無ければ1回1500円です。
我が家は体重計を持っていないので、2ヵ月ごとの健診は大事な体重チェックでもあります。
また避妊手術は、病院ごとに入院させる処、その日のうちに帰す処とまちまちですが、その日のうちに帰す処で、メスなら3万円前後が目安かと思います。
毎月少しずつ貯めていくと良いかもしれませんね。
とりあえず、どの餌をどれくらい食べているのか、そのあたりを観察してみてくださいね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。