獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-201008-33

Re3:流動食でどのくらい生きられるんでしょうか?
投稿日 2010年8月2日(月)13時46分 投稿者 チーママ

遠いところをわが子の為に一生懸命になって出かけて行った飼い主の心を、きちんとくみ取れない先生は、どんなに腕が良くても、一流ではありませんね。
万が一「こんな状態の子を、遠くまで連れ出すなんて。返ってひどくなる。なぜもっと近くで病院を探さなかったのか」とうさぎ大事で思ったとしても、飼い主の気持ちになれば、飼い主を傷つけても良いという言い訳にはなりません。
獣医さんも人間ですから、飼い主さんとの相性もあるでしょうが、私は獣医さんというのは飼い主を支えるのもお仕事の一つだと思っています。だって、毎日の看病は飼い主がするんですもの。
その点今の先生は、きっと何でも話せて、一緒に治療を探っていける。つまりインフォームドコンセントのもう一つ先、アクティブコンセントが出来る先生なのでしょうね。

大麦若葉は、あくまでもおまじない程度に思っていてくださいね。
「一生強制給餌」という診断でしたが、もしかしたら時間をかければ自力で少しずつ回復していったのかもしれませんので。ただ、4カ月ほどして、下にまいた餌を拾おうとしていたことだけは、確かです。
少なくとも、ビタミンの補給にはなるかな?くらいで、お試しください(^^;;

それとこれも、あくまでも我が家だけの経験ですが、我が家が野菜食にしたのは、不正咬合の子がいたからです。2か月に1度は切歯(前歯)を2mmカットしなくてはならない娘がいたのです。当然臼歯も影響する。
でも人口哺乳で育て、うさぎ初めてだったもので牧草を食べるという事をしないで育っちゃったのです。なかなか牧草は食べてくれない。さりとてペレットは噛みつぶすだけだし。
ならば、野菜なら牧草ほど繊維はないけれど、ペレットよりは臼歯ですりつぶすから、歯の摩耗に役立つんじゃないかと。
つまり次善の策だったのです。
ところが、完全野菜食にしたら、歯科メンテがいらなくなってしまったのです。
以来、我が家のうさぎたちは野菜メインのうさぎになってしまったのです。
野菜を食べるので、水は飲まなくなってしまいました。
栄養バランスを考えると、ペレットの方が楽ですし、コントロールもしやすい。
多種多様の野菜を与えるとなると、人間より食費がかかることがあります。
でも、ひょっとしたら、歯の摩耗のお役立ちになるかもしれません。
少しずつでも、みじん切りにしたものでも、自分ですりつぶして食べられるといいですね。
「お迎えした時の、キラキラした気持ちを忘れずに」これからも、うさぎさんと楽しく暮らしてくださいね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。