獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-201008-32

Re2:流動食でどのくらい生きられるんでしょうか?
投稿日 2010年8月2日(月)10時48分 投稿者 てぃな

チーママさん、ご丁寧なお返事、どうもありがとうございます。
流動食に関しても色々アドバイスいただき、とても参考になりました。コクシジウムの関係で神経に症状が出てて、足が少し不自由なので、大麦若葉の話はすごく嬉しかったです。どうも流動食にも少しブレンドされてるようなので安心しました。流動食は通販で買ったのですが、アドバイスも参考にさらに改良も加えますね。あと友達の飼ってるインコが飛べない状態なので、大麦若葉も薦めてみようと思います。


麻酔に関しては、コクシジウムの件があって、最後の時に神経への影響が残るようになってきたので、もう二度と麻酔はしないつもりです。

無麻酔の処置については、他のサイトで話を見たりはしたのですが、今通ってる動物病院では難しいとの判断で諦めることにしました。また今回は他の病院も考えてません。というのも、4,5年前にコクシジウムが発覚して神経に症状が出て大変な状態になった時に、うさぎで結構有名な某病院まで時間をかけていったのですが、そんなウサギを連れてこられて迷惑だと言わんばかりの、ものすごくひどい扱いをうけたことがあるんです。ウサギに我慢をさせて頑張って行ったのに、悔しくてウサギに謝りながら泣いて帰ってきたのを忘れられません。

結局今の動物病院の先生が色々調べてくださって普通のウサギに戻りました。それ以降もウサギ専門ではないですが、ずっとお世話になってるし、そんな困難も一緒に乗り越えたから特別にうちのウサギにはよくしてもらってるので。


それにしても、うちのウサギもよく分からないですw。大好きなたんぽぽをちょっと食べたり、青梗菜をちょっと食べれる時があって、「あれ?食べられないんじゃなかったの??」ってツッコミを入れたりしてます。それにほとんど噛まなくて済むパパイヤやバナナへのガッツキぶりがすごくて。食事以外はノビノビ〜ってまったりしてたり、最近は抱っこを嫌がらないので、流動食をあげる抱っこタイムが至福の一時に変わったり。


私の中では、うちのウサギにはただの「長生き」じゃなくて、「幸せな長生き」をしてもらいたいので、残りの日々にどれだけ幸せを感じてもらえるかが目標です。余計な話までしてスミマセン。でも、本当にチーママさんの全ての心のこもったレスは素敵ですね。本当にどうもありがとうございました。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。