獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-201204-16

Re9:夜だけうんち
投稿日 2011年12月24日(土)01時09分 投稿者 しばちゃん

こんばんは。
ちょっと回復してきたようです。

昨晩、温めてつぼ押し、温めてつぼ押し、を繰り返していたら
コポコポ、っとお腹の音がするようになりました。しめた!!と思ったのですが
なかなかご飯に向かってくれませんでした。
3時くらいに強制給餌の用意をしていたら、やっと自分でご飯を食べ始めました。
それでも、自分で食べたのは今朝までに2割程度ですね。
朝あげたご飯は、ちょっと増えて4割くらいは食べてくれました。
普通にご飯は用意しつつ、強制給餌を並行しています。
強制給餌の内容は、クリティカルケア・プロポリス・青汁・人参とセロリのすりおろし汁・乳酸菌、です。
ちょっとずつご飯に向かうようにはなってきているので、重篤なゾーンは抜けつつあるのかな、と思います。
安心はできませんが。
うんちは相変わらず夜はしています。今夜も9時過ぎにトイレに駆け込んでいました。

ひでさんちのうささんは、いつも夜だけなのですね。
お迎えしてからずっとですか?
くまの姉さんのエピソードから推察すると、ひでさんがいらっしゃる時が
一番安心なんでしょうね。
帰っていらっしゃるのを待っているなんて、なんだかいじらしいですね。
ひでさんが大好きなんですね。

らぱんさん、そのブログ、多分私も見たことがあります。
食欲はない、でも元気、プリンペランもペリアクチンも効かない
ひょっとしたら、と思って…って内容ですよね?
実は、最初にお迎えした子がそうでした。
食欲がずっと無くて、お薬も効かなくて、でもなぜか元気でした。
強制給餌はしましたが、毎週病院に行く度、痩せていきました。
痩せていくのに、元気でした。
ある日突然、身体がふらふらと揺れ出し、1時間も経たないうちに立てなくなりました。
抱っこしても、まるで力がなく首が据わらなかったのを覚えています。
翌日の早朝、旅立ちました。あっと云う間でした。
20年近く前です。あの頃はブログなんかなくて、インターネットも普及してなくて
あの子の病気が何だったのかさえ分かりませんでした。
実際、今でもはっきりとはわかりません。
剖検はしませんでしたから。とても出来なかった。
ただ、そのブログの記事を読んだ時、あ!!と思いました。
もしかしたらそうだったのかも、と。
今は、こうしてネットで相談したり、知恵をお借りしたり出来る場所があって
心丈夫です。
ありがたいなと思います。
うささんの不調時はどうしてもあの子の事がよぎります。不安が募ります。
そんな気持ちがうささんに伝わらないように、言葉だけは前向きにしています。
大丈夫?ではなくて、大丈夫だからね〜
頑張って!ではなくて頑張ってるね〜、偉いね!!
って感じに。
なので、今夜も褒めて褒めて褒め倒そうと思います。

元気になりますよ!!
そうしたら、報告しに参りますね!!

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。