獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-202101-10

高齢うさぎの子宮水腫
投稿日 2012年5月26日(土)17時34分 投稿者 皐月

あと2か月で7歳になるメスのうさぎを飼っています。
最近変な姿勢でじっとしていることが多く後ろ足が思うように動かなくなっているので病院へ連れていきました。
尿検査、血液検査、レントゲン検査をしてもらい、おそらく子宮水腫だろうということでした。
先生はうさぎの手術も沢山していて慣れていらっしゃるそうですが、うちの子の水腫はかなり大きく、オペ自体難しいものになると言われました。
また血液検査や尿検査ではこれといった異常がないため、水腫がある状態で体内のバランスが取れているから、摘出後バランスが崩れてそのまま亡くなる可能性もあるそうです。
手術についてはよく考えてみてくださいと。

今は後ろ足に力が入らないようで、ちょっと動くのも大変そうに見えます。
また毛づくろいが大好きな子なので、しようとはするものの上手にできず諦めてしまう姿を見るのは胸が痛みます。

リスクの高いオペをした方がいいのか、このまま寿命と思って介護をしていこうかとても悩んでいます。
最後は自分で決めないと後悔すると頭では分かっているんですが、皆さんだったらどうされるか意見をお聞かせ頂けると幸いです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。