獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-202101-11

Re:高齢うさぎの子宮水腫
投稿日 2012年5月26日(土)22時23分 投稿者 チーママ

ご心配ですね。食欲はあるのでしょうか?
決めるのを長引かせて、子宮破裂でもしたら、あっという間に亡くなってしまいますので、それも気になります。
先生ご自身のウサギさんだったら、どうするのでしょう?
何を思って先生が亡くなる可能性を強調なさるのか、そのあたりの根拠がお聞きしたいですね。
「普通よりリスクが高くなる」と思っていらっしゃるのか、一か八かという感じなのか?
それによっても飼い主さんの判断は違ってくると思います。
一般的に7歳と言えば、最近のウサギさんはまだまだ若いです。飼い主さんのお世話の仕方が良くなったので、昔の7歳と今の7歳とじゃ違うというお話です。最近は10歳越えのウサギさんも多くなりましたものね。
また、肝臓や腎臓に影響が出ている、食欲がなくなっている、胃腸の動きも停滞気味等がないなら、本来比較的問題なく手術ができます。
ですから、本来なら状態から見ても年から考えても、あきらめるようなケースではないと思います。
ただかなり大きな水腫なので、下手をすると切除したら体重が半分近くになってしまい、そのショックがあるかもしれない。というお話のように思うのですが。
ちょうど車を120kで飛ばしていて、急ブレーキをかけるようなものです。新陳代謝や血行に急ブレーキがかかって、ショックを起こして亡くなることもある。
でもそれさえなければ、後は問題がないのではないかと思います。
もう一度先生とよくお話して、「大きいので普通よりリスクが高くなる」のか「今の状態事態、ハイリスクになっている」のかを、再度確認してみてはいかがでしょうか。
ただ考える時間が長引くほど、いざ手術をと思っても、リスクがより高くなることを忘れずに、なるべく早く相談したほうがよろしいと思います。

一応私なら… 迷わず手術します。ほうっておいてもいずれはショックを起こすか、子宮破裂で苦しむうちに亡くなってしまいます。この場合余命を伸ばす手立てはありません。それならば、もし上手くいけばまだまだ何年も一緒にいられるのですから、一か八かでもお願いすると思います。あくまでも私ならば、と言うことでお願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。