獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-202101-121

Re:鎮痛剤について
投稿日 2013年12月15日(日)22時45分 投稿者 チーママ

確かにメタカムは、使用に注意が必要なようですね。うちでも長期使用は指示されたことはありません。その点は、ステロイドの方がまだ長期使用できるかも。
メタカムは痛み止めですが、ステロイドが痛みに効くというのは、浅学なので知りませんでした。
どちらにしても、痛みがあればたとえステロイドを使用していても、食べないと思うのですが。
メタカムとステロイドの使用間隔(どれくらい間を開ければいいのか。どれくらいで薬の成分が対外排出されて、薬が血中でダブらないのか)を確認し、ステロイドを使っても食べない場合はメタカム。食べだしてそれが多少維持できたら、ステロイドというのはどうでしょう?
いずれにしても、定期的な血液検査は必要になるかと思いますが。
ウサギに使えるステロイドにも、いくつか種類があるのではないかと思いますので、薬品を変えることも必要になるかもしれません。
その点は先生に良くご相談なさって、投薬スケジュールを決めてみてはどうでしょう。
ステロイドもメタカムも、それ自体に癌の進行を抑えたり治したりの効果はなく、生活の質を維持するのが目的かと思います。
お使いになるステロイドの副作用を頭に入れて、隔日投与にできる場合もあるでしょう。
薬というのは、ある程度の血中濃度が必要なものですが、ステロイドに関しては半量というのもありかと、人間の経験からは思うのですが。 
反対にメタカムの場合は、成書の通りの血中濃度がなくては、投薬しないのと同じになるのではないかと思います。

日々のうさぎさんの顔色を見ながら、飼い主さんが投薬スケジュールを組み立てて、内臓系への副作用や負担を定期的に検査で確認しながら使う、ということで良い気がします。
そのあたりは、先生にご確認くださいね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。