獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-202101-20

Re3:皮膚炎 写真添付2枚目です
投稿日 2012年6月8日(金)20時39分 投稿者 チーママ

取り急ぎ。
シャンプーをしているのですか? 
動物用シャンプーを使って、洗っているのでしょうか?
もしもそうならば、ひとまずやめておいてください。
ウサギの皮膚は大変敏感なので、よほどのことがない限り、薬剤(シャンプー剤含む)を使って洗うのは、やめたほうが無難です。そのあたりが「いじりすぎ」といわれる要素になります。
拝見した限りでは、シャンプーの必要がある状態とは思えませんし。
必要であれば、単純にお湯で洗って、十二分に乾かす。これで十分です。

かゆみ止めとして、安定剤のようなものを服用することもあります。
患部は清潔にして、乾かす。これでほとんどが収まってくることが多いです。
これはあくまでも一飼い主の感想ですが、おそらく最初のスタート時に何らかのアレルギーを引き起こしてしまい、あれこれ薬をつけたりするうちに皮膚の抵抗力が弱まって、炎症が治まらなくなっている状態のように思います。
人間でも傷がついた時の治りかけ、かさぶたがむずむずすることがありますね?
かゆいから気になる。つい身づくろいでなめたり引っかいたりする。
で、かさぶたは取れたけれど、周囲が炎症を起こす。
特になめ続けると、あっという間に赤くただれて炎症が広がります。
後は、周囲へ一直線です。
という、経験があります。我が家のスタートは、「ごはんもっとほしい!」のストレス性毛びきでしたが。首周り、あごの下をやってくれまして、赤むけになりました。
一応飲み薬、ぬり薬をいただきましたが、途中からは一切やめて(先生にはご報告して)、清潔にして乾かす。多少時間はかかりましたが、これで治りました。

そのときの事は、下記のブログのカテゴリ「うさぎの病気」に移動しておきましたので、ご参考までに。またカテゴリ「タラコ唇騒動記」も、同じく原因不明の皮膚炎の話です。
ともあれ、明日聞いてきますね。

http://yaplog.jp/usausaz

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。