獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-202101-219

Re2:うっ滞について
投稿日 2019年11月15日(金)21時19分 投稿者 ゆず

詳しくありがとうございます。
うさぎは10歳です。

ケージ付近の温度は年中チェックして耳の冷たさが無いか確認しています。
歯はレントゲンで診てもらい、奥歯の歯根に1ヶ所黒く抜けて写る箇所はありますが、たぶんこれは原因ではないだろうとの事です。うっ滞時のレントゲンではいつも食べてないわりには胃や腸に溜まっているので消化の問題だと思います。うっ滞時はいつも同じ症状です。なのですぐ分かります。背中をさすったり温めたり野菜やペレットを流動食にして置いたり、私なりに色々試します。それでイマイチなら病院に行き点滴と注射をして毎回2〜3日で回復傾向になります。普段からお腹に溜まりにくい薬は別の症状で飲んでいたので、多少はうっ滞予防にもなっていると思っていますが、最近頻繁になるので、他に出来ることがないか考えています。サプリはアニマストラスとプロポリスはうっ滞とは関係なく与えています。ペレットを少し減らすことが有効かまだ分かりませんが試しています。調子が良い今は朝15gを2時間弱、夜18gを3〜4時間で食べきってしまいます。まだ食べたそうですが牧草と少しの野菜を食べてもらっています。うっ滞予防としてペレットの適量が悩みの種です。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。