獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-202101-221

横隔膜ヘルニアのウサギの保定
投稿日 2020年5月18日(月)08時29分 投稿者 クウ

以前は大変お世話になりました。
あれからしばらくの時間が経ちましたが、飼育している13歳のメスのウサギに横隔膜ヘルニアの疑いの診断が出ました。
最初は肺炎ではとのことだったのですが抗生物質を投与しても効果は現れませんでした。
現在右肺が完全に機能しておらず、興奮したりすると「ブッブッブ」と呼吸音がします。
年齢のこともありますので、積極的な治療を行うよりも余生を少しでも穏やかに過ごせるようにと考えています。

問題は、本人自身は呼吸が荒いのですが現在大変元気で
元気なのですがくしゃみがひどく、食事が取れない状況が続いています。
したがって強制給餌を行っているのですが(空元気ではありますが)元気なのでとても暴れます。
今とても不安に思っている事はその保定をするときに、どうしてもいくばくかの負荷がお腹にかかってしまうことです。

現在は柔らかいトレーナーを加工して袋状にし、袋にin→箱にin→別室に連れて行ってバスタオルを巻きつけて固定する手段をとっています。
状態が100%完璧でない事は承知の上ですがこれしか現在方法がありません。
ですがもし他に彼女に負担がかからぬよう強制給餌を行う方法があるのであれば、お知恵を貸していただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。