獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-202101-222

Re:横隔膜ヘルニアのウサギの保定
投稿日 2020年5月29日(金)23時59分 投稿者 チーママ

お返事遅くなり、申し訳ありません。

うさぎさん がんばっておられますね。
そのためにも、少しでも楽な強制給餌をと思うお気持ち、お察しいたします。

長男が最後の方で強制給餌をしましたが、、ひざに抱っこでシリンジを口に入れれば食べるので、助かりました。
今の子が、先日1か月の投薬だったのですが、先生でもときおり手こずる暴れん方なので、私とは毎日が戦いでした。タオル巻きで、テーブルの上でやっていました。
テーブルの上だと、こちらの態勢が楽にできます。
でも時としてタオル脱出されるので、どうしたものかと考えたあげく、写真のようになりました。 これだと足が滑るので、暴れようとしても暴れることができず、あきらめてくれました。 一見胸を圧迫するように見えますが、ウサギのわきから手をまわし、ウサギの両肩を持って、ウサギ自体は私の胸に寄り掛かるので、胸が苦しくなることはありません。
ただ 一瞬の投薬ではなく、時間のかかる強制給餌ではどうなのか?とは思いますが。

あと、長男はあったか飯が好きでした。冷めていると「あっためろ!」と申しておりました。 ウサギは人間より体温が高いので、人間以上に「冷たい!」と感じるのではないかと思います。人肌よりちょっと暖かめが、お好みでした。ご参考までに。

少しでもたくさん食べられますように、少しでも楽しく暮らせますように、心からお祈り申し上げます。

画像:

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。