獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-202101-80

Re11:石川県(富山県)の動物病院を探しています
投稿日 2013年8月21日(水)19時54分 投稿者 沢山お世話になりました

プロキオンさん、チーママさん。レスありがとうございました。

いろはすさん。書き込みを削除させてしまって、ごめんなさい。

私は『元常連』という感じでしょうか?

うさぎさんを月に帰して。
次のうさぎさんをお迎えせずに2年以上経ってしまいましたので・・・


いろはすさんが書き込みを削除されていて。

10歳の不正交合治療が必要なうさぎさんとの暮らし。
大切な愛うさぎさん、ずっと一緒に仲良くしたい。
でも、寄る年波からは、逃がしてあげられない。

急な転勤を命ぜられて、自分と愛うさぎさん、幾重もの不安。

いろはすさんの『やるせない』気持ちが察せられた気がしました。
(私も、うさぎさん介護の間、そんな感じでした)

引っ越し先で良い獣医さんを探す事は、大事ですよね。

けれど、口コミ以外で、縁故の無い土地の獣医さんを見付ける
のは至難の業ではないでしょうか?

口コミを手がかりに、様子見に。

チーママさんが仰る「健診」は、有効だと思いますよ。

診察台で、一緒に健康チェックしてもらいなから・・・

動物病院が清潔か?
獣医さんが、うさぎさんを扱う様子は?
こちらの話を真面目に聞いてくれるか?
スタッフさんの様子は?
待ち合い室の様子は?
明朗会計か?

目に入れても痛くない子供のお見合いみたいなものですから!
全身全霊でチェックしてください。

私も、愛うさぎさんを14歳ちょっとで月に帰すまでの数年。
『運命やその他と戦っている』状態でした。

その間。
この掲示板とチーママさんには、助けてもらったご恩があります。

もちろん、獣医さんにも。
一番は、がんばってくれた愛うさぎさんへの感謝ですけれど。

いろはすさんの。
愛うさぎさんの不正交合の状態が分からないのですが。

うちのうさぎさんの場合は。

生まれつきでなく、高齢になって歯が悪くなりました。
同じように、高齢で歯が悪くなったうさぎさんであれば。
食習慣を見直すことで、改善の手助けができるかもしれません。

私と愛うさぎさんの経験を書かせてくださいね。
(うさぎ医療は日進月歩だし、私持っている情報は古いかも?)

うちの場合は。
10歳を過ぎて、いきなり大量のよだれと絶食が起きました。

原因が奥歯のスパイクで。
麻酔+歯削りの治療になったのですが。

次第に、毎月の様に麻酔+歯削りになってしまい。

大量のよだれで食べられなくなってから、
浅いとはいえ麻酔をされる、うさぎさんも可哀想で。

「高齢だから仕方ない」と仰る獣医さんには。
『歯削りはお任せする』事にして。

私が。
「お野菜主食+ペレット少量」の長年の食事習慣から
ペレットを噛む事で歯が歪んだと推察して。
(うさぎさんの歯根は、人間の爪のようなものらしいです)

”ペレットをふやかしてあげる”ようにしましたところ。

一年かけて。
麻酔+歯削りの間隔が、月一回・・・三ヶ月に一回、半年に一回
と、延ばせるようになりました。

13歳で寝たきり。(野菜もペレットもすりおろしに替えました)
14歳ちょっとで、老衰で心臓が止まって月に帰るまで。
最後は、一年以上歯削りをしませんでした。

獣医さんは大事ですが。
獣医さんは万能の神様ではありません。

獣医さんの技量も大事ですが。
チーママさんが仰るように相性も大事だと思いますよ。
(我が家では、人獣問わず、威張らず勉強熱心な医師以外は用心してかかります)

愛うさちゃんを守るため。
飼い主さんは、防人であり最後の砦です。

うさぎさんは個体差もありますし。
沢山集めた情報を見極めるのは、飼い主さんとうさちゃんです。

いろはすさんも。
転勤を受け入れるかどうか。
愛うさちゃんや獣医さん、周囲の方と、よーくよーく相談なさって下さい。

(愛が深いほど。何を選んでも後悔は残ると思うのですが)

親戚の家では、大人で拾ったダッチ雑種の男の子が、16年間生きて
くれました。

10歳は高齢ですが。上には上がいます。

いろはすさんと、愛うさちゃんが。
仲良く過ごせる時間が沢山ありますよう、応援しています。

蛇足ながら。

お引っ越しされる場合は。
環境の変化自体でうさぎさんが体調を崩すと想定なさって。

かかりつけ獣医さんに。
胃腸の動きを良くする薬など処方して準備しておくと安心ですよ。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。