獣医師広報板ニュース

鳥類掲示板過去発言No.1700-201808-18

セキセイインコの発情
投稿日 2011年10月12日(水)10時37分 投稿者 ぴっちい

今年の4月に4歳になったセキセイインコです。
今年2月から5月にかけて、全部で13個も卵を産んでしまい、かなり衰弱して、ようやく体力が回復したところへ夏の暑さがきて、熱中症のような状態になってしまいました。獣医さんによると、熱中症に加えて、呼吸器の障害もありそうだということ、ヨウ素不足による甲状腺の異常も考えられるとのことでした。
抗生物質の注射を1,2日おきに3回してもらい、その後、容態は回復しましたが、9月末頃から発情が見られ、以後今まで卵を5個産み、今抱卵しています。1つ産んだ時から偽卵を5つ混ぜて、今は10個です。
体重が軽くなってしまいましたが餌はよく食べ、大好きなサラダ菜も食べています。ただ、これ以上卵を産ませたくないので、なんとか発情をとめたいのです。
去年から、カゴをビニールシートで覆い保温すると、巣だと勘違いするのか、発情を促してしまう気がしていたのですが、今年も同じだと思います。
保温の仕方で、何か別の良い方法はありませんか。
今はひよこ電球を使って、シートと、夜はバスタオルで覆っています。
また、足が悪いのでカゴの床に、モルモット用のチップを敷いてあります。それが巣を思わせている可能性もあります。
ただ、抱卵しながらそこにうずくまっているので、保温にもなっていると思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。