獣医師広報板ニュース

爬虫類・両棲類・カメ掲示板過去発言No.2000-200008-28

ヒョウモン
投稿日 2000年8月11日(金)04時51分 はたの

獣医師ではありませんがご参考まで。
病気かどうかは文面からはなんとも判断しがたいのですが、病気でない可能性のひとつして雌雄差をあげておきたいと思います。拙宅のものも、また他家のものも、雌が雄よりずっと急速に成長しています。雌は大きくなって大きな卵を多く産むのが適応的ですが、雄はそこそこのサイズでよく動き回って雌と出会う機会を多くするほうが適応的なのでしょう。獣医師にかかるなどして病気の可能性を探る一方、カメの体重を扱っているサイトもありますので、そういったところで雌雄別の体重増加曲線を入手されてはいかがでしょうか。直接の関係はありませんが、餌はおおむね適切と思いますが、もっと繊維を増やしてもいいかとは思います。除草剤や農薬がかかっていないイネ科の草など。河川敷等なら、河川管理者に問い合わせれば薬使用の有無は分かります。また、拙宅では、ダイコンやニンジンの皮やらなんやら、野菜屑を活用して餌の種類を増やしています。悪評の高いキャベツやレタスもそればかりでなければ問題ないようなので、「いいとわかっているもの小品種」より「悪いとわかっているもの以外多品種」をお勧めします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。