獣医師広報板ニュース

爬虫類・両棲類・カメ掲示板過去発言No.2000-200501-11

サルモネラ菌
投稿日 2004年11月5日(金)18時20分 投稿者 とこまだしよ

爬虫類(本当は爬虫類に限りませんが)に咬まれた場合、問題となるのは口腔内の微生物群です。
この中にはサルモネラ菌群も含まれます。
これらの微生物の多くは、健康な人間に大きな問題を引き起こすことは殆どないと言えます。
ただし、免疫力が低下しているハイリスクの方(ここには幼児も含まれますが)では、敗血症
やリンパ節症その他の重篤な病態を起こすことがありますので注意が必要です。

爬虫類等に咬まれた場合のとりあえずの処置としては、
まず、流水中で咬まれ場所をよく洗い流すこと。
その後にイソジン等、適当な消毒処置をすること。
深い傷の場合は直ぐに病院に行って適切な処置を受けること。
勿論ハイリスクの方は病院で適切な処置及び指示を受けてください。

ということで、あまり神経質になることはないと思いますが、
爬虫類に接触する場合は最低限のマナーと対処は必要だと思います。
今回のりんりんさんのとられた処置は、非常に適切であったのでは
ないかと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。