獣医師広報板ニュース

爬虫類・両棲類・カメ掲示板過去発言No.2000-200501-12

冬眠と言えるのかどうかも‥
投稿日 2004年11月6日(土)09時32分 投稿者 GO

>餌を食べなくなったら、動きも鈍くなるのでしょうか。

ご存知の通り爬虫類は変温動物ですから、ご飯を食べなくなったらというより、
気温が低くなれば動かないでじっとしていることが多いです。
「冬眠」というと、秋にしこたま食べて冬を越す獣とか、
土中などでじっとしているカメやヘビのイメージを持たれると思いますが、
ニホンヤモリの場合は冬眠というより、ひたすら省エネに徹して冬を
やり過ごすといった感じです。

>隠れてしまっていると姿が確認できないので心配なのですが、覗いたりするのはよくないですか。

必要ならば見るしかないでしょうし、かといって繁盛に見るのは迷惑でしょうね。
餌を食べる時期には1〜2日に1回、程度餌を入れるのと簡単な掃除をいっぺんにします。
その程度は維持していく上でも最低限の部類だと思いますので。
冬は気になったときにケージ内の汚れ具合とか見ますが、外から観察するだけのことが多いです。

>一日中ではないにしろ、冬に暖房を入れるような部屋には置かない方がよいですか。

暖房の熱が直接当たるのでもなければ部屋の片隅に置くくらいは問題ないかと。
(でもヒーターを既に入れているんじゃなかったでしたっけ?)
何はともあれ、まずケージを置く場所の一日の最低・最高温度を把握して、
低い時でも15度前後保っていれば安全策と言えるんじゃないかな。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。