獣医師広報板ニュース

馬・ロバ・ポニー掲示板過去発言No.2200-200512-10

ワクチン接種について
投稿日 2005年2月2日(水)23時54分 投稿者 Uji

現在、競走馬、乗用馬にかかわらず、年間の予防接種は義務となっています。
昔は、乗用馬などでは試合に出るわけではないから・・・ということがありましたが現在ではどの家畜保健所でも、すべての馬が接種をするように指導しています。
行なう予防接種は軽種馬防疫協議会というところが基準を設けています。基本的に必要とされるのは馬脳炎、インフルエンザの二種類、また地域によっては破傷風、ゲタウィルス、あるいは炭ソなども必要とされます。馬事公苑などJRAの施設などでは特に厳しくチェックされます。
脳炎は基本的には5月、6月に接種。その間隔は2ヶ月を過ぎてはいけません。インフルエンザは6ヶ月に一度の接種、6ヶ月を過ぎると試合に出られなくなる事もあります。
さて、その料金ですが、これはその場所でお聞き願うしかありません。家畜保健所が接種してくれるところでは比較的費用はかかりません。しかし現在では保健所が対応できないような所がおおいのも事実です。そうなると開業医が実施することとなりますが、これは保健所のように安価とはいきません。人間のほうと同じです。それでも年間で2万円とかかる事はないと思うのですが・・・
ただ馬には必要とされる検査がもう一つあります。馬伝染性貧血の検査です。とくに乗馬では1年を超えずにこの検査が必要です。競走馬のほうでは今移行期ですが徐々に緩和されつつあります。これは保健所でしかその証明印を押せません。費用はそれほどかかりません。
これらすべては愛馬の健康管理に必要です。以前インフルエンザが大量感染したときは、それは多くの馬たちが苦しみました。感染のない馬たちも移動禁止となりました。
そういうことが二度と起きないように馬たちをみんなで守ってください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。