獣医師広報板ニュース

野生と自然掲示板過去発言No.4000-200006-12

攻めかた
投稿日 2000年3月28日(火)16時46分 はたの

すみません、「攻める」といっても、圧力をかけるのではなく、
環境意識をもってもらうことを意味していました。
塩カルの件では、以前は日陰・カーブ・坂などにのみ撒いていたのが、
平らで日向で雪がないところなどにも撒くようになったので、
濃い塩水飲むのは野鳥に良くないこと、イヌの、また野生動物の足の裏に良くないこと、
また税金の無駄遣いであることを話して、散布スイッチをこまめにオンオフしてくださいね、と。
河川工事では、単に用水路としてしか認識していなかった(おまけに治水上の必要もないことは
建設事務所自ら認めていた。単に、この地区もたまには工事・・・だったようで)ので、
カモやヤマセミや魚がうまく生きていくためにはよどみも岩も瀬も必要であることを話し、
堆積した土砂を掬うのであっても、川のカーブの外側を深く、といったように、
少し気遣ってくださいよ、そうすれば、何もしなければ5年かかるのがより早く、
環境が回復しますよ、とお話ししました。
ごく小さな改善に自己満足する気はないのですが、効果がゼロではないし、
現場でもわずかな気遣いで実行可能なことなので現場イジメにもならない、と思っているのですが・・・。
そもそも、少なくとも建設事務所のかたは、「環境にやさしく」というプレッシャーが社会や上からかかっているのに、
何が環境にやさしいことなのか判らずに困っていたのことで、なるほど、と
話をきいてくれました。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。