獣医師広報板ニュース

野生と自然掲示板過去発言No.4000-200006-13

それは良い事を
投稿日 2000年3月29日(水)00時56分 チーママ

はたのさま、それは良いことをなされましたね。
確かにお役所仕事では、まだまだ環境にたいする認識がいま一つで、
自分の行政の管轄仕事なのでやるのだという事が先行し、机上の仕
事になっていることが多いようにも感じます。
それは、必ずしも企画する人間が環境や自然・生態に対して関心が
あったりプロであったりするわけではないので、誰かが指摘して初めて
そういうアプローチもあるのかと言う認識をすることも多いので・・・

身近では、自然公園の環境整備をしたおかげで、自生のエビネがなく
なったり沢の水質が悪くなったり・・・そこで横浜市に言えば良かったと
悔やまれます。きっと「安全に子供たちが自然にふれあえる様に」との
手入れだったのでしょうが、「エビネが自生していますよ」「下草を刈った
ら、モミジ葉イチゴがなくなります。子供たちが自然の実りを受けられる
よう残しておいて下さいね」「上流の整備で、かえって水質が悪くなって
きています。あそこにはホトケドジョウがいますよ」と、一言言えば良かっ
たと自分の腰の重さが悔やまれます。本当に大事に思っているなら言える
はずだったのに・・・と。事務所ではそんなこと気づいていなかったのかも
知れません。
上からアプローチすることも根本の路線を変えるために必要ですが、それと
共に現場の人間に働きかけ行政内の下地を作ることも大事ですね。
世間や行政の大きなコンセンサスに訴える、いま現場の裁量で出来ること
は良い方向に促す。そのように上と下から働きかけるのが、一番近道かも
知れません。それを一人一人が自分の気づいたこと、得意なこと、出来る
ことから始める事が大事でしょう。
ちなみに河川の自然素材の活用、私は大賛成です。経済効果や請負仕
事の構造上の事など、乱暴に言ってしまえば「そんなこと知ったこっちゃない」
で(苦笑)、それが生態回復・維持によければ後は人間の問題で、「多少の
リスクは負えよな!」です(爆)。もうそろそろ、人間が我慢する時期に来てい
ると思っています。もう十分便利ですよね。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。