獣医師広報板ニュース

動物の愛護掲示板過去発言No.6000-200412-79

その方にも生活があるんだと思います。
投稿日 2004年10月21日(木)21時09分 投稿者 ムクムク

私は開業獣医師ですが、全く健康な動物でも生活のため飼育の継続ができなくなり、
安楽死を依頼されることがあります。
理由は様々です。 妊娠、家族の動物アレルギー、生活破綻、離婚、引っ越しなどなど。
飼い主さんと話し合って、なんとか飼育の継続ができないものか相談することになります。
譲渡先を探そうというのは、ずいぶん努力されている方だと思います。
見てきた多くの例は私が引き受けなければ保健所に依頼されることになります。
現実の世界ではきれい事だけではいけませんが、うまくいい飼い主さんが見つかることを
祈ります。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:「ペット用品販売」「犬の快癒整体」OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。