獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-199902-38

「こんな獣医」です
投稿日 1998年12月28日(月)06時17分 こんな獣医

初めまして、「こんな獣医師」です。僕は、昨日初めて、ふうかさんが
こちらのBBSに投稿されたことを知りました。
ふうかさんの書かれている獣医師は、まずまちがいなく僕と思います。

僕にとっては誹謗中傷と感じられる部分もありましたから。これに対して
レスするかどうか、不特定多数の方が参加可能なBBSであるが故に非常に
迷いました。

が、しかし既に投稿されている記事ですし、このままではなんの解決にもなら
ないと思い、僕の意見を投稿します。

本来は、本名および少なくともメールアドレスを記載するのが筋だとは、
思っていますが、このBBSは不特定多数の方の閲覧が可能なため今回は
伏せさせていただくことをお許し下さい。

まず経緯および内容の云々をとわず、僕との会話の中でふうかさんを不快
にさせたことに関しては、申し訳なく思っていますのでここで改めてお詫び
します。

ただ僕自身は彼女との会話の中で、AHTの仕事を軽くみて会話していたわけ
ではありません。
事実、僕は、代診に入った当初は何もできず多くのAHTの力添えがあったれば
こそ現在やっと獣医師として自立できるかなという念をもっています。

ふうかさんの書かれていることに関して否定はいたしません
(会話の上でのことのため、言った言わないになるのを避けたい)
ただいくつかコメントを書きたいと思います。

診断に関して:
僕は診断と言うことに関しては、獣医師の最も大事な責務であると考えています。
AHTの方が、獣医師の診断にたいして助言したり、あるいは疑問のある診断に関して
なんらかの提言をしたりするのは、どんどんやれば良いと思っています。
獣医師側もそういった提言や助言に関してAHTと積極的に議論することが必要と思っ
ています。

しかしながら僕の信念としては、それらの提言や助言あるいは、様々な、患者に
関する客観的なデータそして自分自身の知識と感覚からの最終的な診断は、獣医師
が行わなければならないと考えていますし、その診断に関して獣医師は責任をもたな
ければいけないと考えています。

そのうえで、診断に基づいた治療プランを獣医師とAHTのチームで検討し実行に移し、
治療途中で疑問点があればまたチームで検討しよりよい方向に導いていくことが必要
と考えています。そしてそのチームリーダーは獣医師であるべきだと思っています。

その為に引っ張っていく獣医師の側は、患者、飼い主そしてAHT側の期待に添えるよう
努力し常に研鑽を積むことが必要と考えていますし、AHTの方には、病気や治療につい
てどんどん勉強してよりよい治療チームを構成して頂きたいと思っています。

獣医師は獣医師免許を持つが故に、獣医師として診断を行いそれ故に、診断及び治療に
対して精通し、また最終責任を負わなければいけないと考えています。

しかしまあ、どちらかというとこの言はAHTの方に対してというよりも、獣医師と
しての自分に対していつも言っている言葉です。

「動物好き」に関して:
僕自身は、獣医療について話しているときに、誰かに「動物好きですか」と聞かれる度に
「特に好きではない」と答えるようにしています。「もちろん動物好き」と答えれば
平和なんでしょうが、僕は獣医師の能力と「動物好き」ということが、それほど密接に関
連しているとは考えていないため。ややもすると「動物好き」=「よい獣医師」という
考え方にちょっとうんざりしているのです。

僕は、獣医師として最も大切なことは「動物の病気に対してどれだけ真剣に診断治療
治療をおこないまた、診断治療を確実にするためにどれだけ努力できるかそして、
どれだけ動物を回復へと導いてやることができるか」ということにかかっていると考え
ています。そしてそういう部分を見て頂いた上で善し悪しを、評価していただきたいと
思っています。

また僕は、小さい頃よりおそらくあなた方の想像を絶する数と種類の動物達といっしょ
生活してきました。そういった生活の中で「動物が嫌い」ということはまず間違いなく
無いと自覚していますが「すごく動物好き」かどうかということに関しては、あまりに
身近にいたためよくわからないのも理由の一つでしょう。

そしてその当の「動物好き」と言う表現があまりに主観に満ちており、僕は「動物好き」
といわれる方がどの程度「動物好き」なのか皆目わかりません。またおそらく誰にも
僕自身がどの程度「特に好きではない」のかもわからないと思います。もしかしたら
あなた方の「動物好きより」僕の「特に好きではない」のほうが、ある部分では「動物好き」
なのかも知れませんよ。

このように主観に満ちた表現によって、不特定多数の方が参加される掲示板で誹謗中傷
されるのは、僕にとって好ましいものではないので、長々と書いてしまいました。

繰り返しになりますが、ふうかさんが、僕との会話の中で不快な思いをしたということ
に関しては、非常に申し訳なく思い、お詫びする以外にないのですが。

方法も機会もあり、またそういうことができる立場(少なくともこれ以前には友人であったと
僕自身は思っている)にも関わらず、直接の抗議もないままに、このような不特定多数の参加
する掲示板に於いて、主観に満ちた表現をもとに他人を誹謗中傷するのは、どうかと
思います。

ポメ好きさん、始めレスしている方に:
一応僕のスタンスを書いておきました。直接会話してもなかなか他人の気持ちは理解しがたい
ものだと思っていますし、ましてや文章だけとなるとさらに困難とは思いますが、その上で
なお僕が「こんな獣医」とあなた方に侮蔑されるのであればそれはそれで仕方なく思います。
ただ一方的な情報をもとに他人を非難するのはやめていただきたい。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。