獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-199902-47

うちの病院では・・・
投稿日 1998年12月29日(火)04時24分 Yuming

ふうかさん、ポメ好きさん、こんな獣医さん、初めまして。
私の病院の事が参考になるかどうかわかりませんが・・・
私の病院では、獣医師とAHTはたいへん仲がよいです。
AHTの仕事は、受付、看護、検査などです。
初診の人を受け付けたら、診察室で稟告をとります。
AHTの稟告をもとに獣医師は診察に入ります。
診察室の中では患者さん、AHT 獣医師の3人の会話が弾みます。
なにかしらの検査が必要な場合、診察室の外でAHTと獣医師が話し合い、お互いに可不足なところを確認します。
確かにどんな検査が必要で、どんな診断が下るかは、獣医師の決定によります。
でもAHTと獣医師がチームになって一つの病気を、人として、大切な患者さんとして、暖かい気持ちで迎えます。
病気と患者さんは一体のものではないでしょうか?
お互いの心が(患者さんも動物も)通じなければ、コンピューターが診断、治療しても同じでしょう?
私の病院には、動物が嫌いな人は1人もいません。
治療の甲斐なく亡くなった動物に、患者さんに、涙する獣医師がいます。
確かに、感情移入したら、正確な診断や治療が下せなくなると言う人がいるでしょうが、患者さんはその誠意を診るだけで充分じゃないでしょうか?
だって、私たちは人間なんですもの。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。