獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-199902-53

長文です、ごめんなさい。
投稿日 1998年12月30日(水)04時52分 BUDDY

はじめまして。私は勤務獣医師です。
最近このフォーラムを知り、またこの掲示板における最近の論議について興味深く拝見しておりましたが
少し釈然としない部分がありますので、師走の、年越し前ではありますが書き込みさせてください。

正直申し上げて、今回の論議にはかなり偏りを感じます。はじめにふうかさんより問題提起の
書き込みがありましたが、その内容を見て、まず感じたのは"本当にこんな獣医師が存在するの
だろうか?"ということです。書かれている通りの内容を「こんな獣医」さんがおっしゃられたとは
到底思えませんでした。

その後当人よりの正当な釈明の投稿がありましたので、外野ながらやはり誤解であったかと
一安心しておりました。ところが、その後ポメ好きさんの総活的な投稿にいたるまで、
本来公平かつ自由な発言の場であるはずの掲示板において
なにか事の善悪を問うような流れになっている印象を受けてなりません。

この掲示板はVTさんのための意見交換の場であり、現在の日本の獣医医療にあるVTの問題
あるいは日々診療における悩みを自由に発言する場であることは十分承知しておりますが、
一方では一般の動物を愛する飼い主さんにその現状を知らしめる場でもあるわけです。

そういった場において、一種感情的なものを強く感じる、しかもそれが実質を伴わない、
ひいては獣医師全体の信頼を損なうような内容の投稿をされるのは少し問題があるのでは?と感じます。
具体的には、同じ獣医師として真偽の不明なうちに思慮、吟味なく、「こんな獣医ばかり
じゃない、いやいるかも。それは悲しいことですね」などと発言されるのはどうかと思います。

結果として、「こんな獣医」さんはきちんと自分の立場を明らかにされ、獣医師としての信念を述べられ、
さらに非を認める部分に関しては謝罪されているわけです。しろうさぎさんはそういった投稿をされてますが、
今回、「こんな獣医」さんを問題提起の根源として扱われた獣医、VTの方はその点において
誤解を認めるべきではないでしょうか?もし本人がそう思われていても
公共の場において起こった問題は公共の場において解決されるべきだと思います。
「「こんな獣医」さん、問題提起ありがとうございました」などというのは失礼だと思います。

ふうかさんはかなりプロ意識が強く、しっかりした信念をもつ方だとお察しします。
今回の内容に関しては、きっとそのプロ意識が故の誤解では
なかったのでしょうか?私自身は外野ながらそのように理解しておりますが、もし
そうであれば、もう一度きっちり「こんな獣医」さんと真意の確認をされ、
それを改めて投稿される必要があるのでは?と思います。その上で、「こんな獣医」さんが、
「そんな獣医」さんであったのなら、新たな問題として扱わなければならないと思いますが、いかがでしょうか?

ふうかさんをはじめ、多数のVTの方やさくらさん、林先生のご意見はすべて今の日本の獣医医療には
必要不可欠なもだと思いますし、みなさん、しっかりと信念をもたれて、私自身も本当に刺激になるところですが、
私個人的には獣医師のあり方においては「こんな獣医」さん、さくらさんの意見に賛同いたします。

人の医が"仁術"であれば、獣医の医もまた"仁術"でなければならないと信じております。
その"仁"をまっとうするためには、やはり何よりもまずその時点で行える、
あらゆる治療の技術と知識を身につける日々の努力が必要なのではないでしょうか?
そういった姿勢がたとえ無言であってもオーナーさん(あるいはきっとそのペットたちもでしょう)自身が見抜かれ、
自分にあった獣医師、VT・病院を選ばれるのではないでしょうか?

林先生の言われる"要素"の中にはきっと獣医師として、VTとして不可抗力のものもあると思います。
自分では否定したいと思っていても病院にこられたペットやオーナーさんとの人間としての
相性も災いすることもあると思います。獣医師だけでなく、もちろんVTの方もです。
私はこれに関して、我々病院関係者が無理に抗う必要はないと考えています。
林先生のおっしゃる通り、すべてはペットとオーナーさんに選択する権利があるわけですから。
そして選択されたVT、獣医師、動物病院は全力をもって、その来院の理由の解決に望むべきだと思います。

ですから、私自身の意見としては、技量優先の獣医が良い悪いというようなお互いの意見を
打ち消しあうような議論はナンセンスだと思います。それぞれの方の表現の方法や行動が違いがあるだけで
根底にある信念はどれも立派なものであると思いますし、少なくともこちらに投稿されてる獣医医療関係者の
最終目標はすべて同じだと思います。

本当に長々と申し訳ありませんでした。外野の立場で生意気であるとお叱りをいただくかもしれませんが
どうかお許しください。この掲示板には立派な自分の考えをもたれたVTの方がおられ、
また常にポジティブに意見を交換している場であると感じましたので、どうか矛盾の多い掲示板になって欲しくない
という思いで書かせていただきました。
失礼いたしました。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。