獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-199907-6

テクニシャンとは・・・
投稿日 1999年4月13日(火)18時09分 林 文明

久々登場 林@山梨県です。(以前はアメリカでした)
覚えている人はいるでしょうか?
開業獣医師です。

私は約半年間 アメリカはコロラド州立大VTHで腫瘍について研修してきました。
そして同時に アメリカの教育システム、テクニシャンのレベルなどを見てきたつもりです。
そして日本となんて違うんだろう、自分の病院と全然違い、自分の目標にしようと考えました。

私の病院には私を含め 獣医師5名、テクニシャン4名、トリマー4名がいます。
この4月に私の目標とする病院、みんなが何をしなければいけないか などを説明しました。

病院の方針=私の目指すところ ですので それについてこれないものや納得できないものは退職してもらおうと思っています。
確かに私の不在中にみんなにはがんばってもらいました。
しかし、現状は私の目指すものとは雲泥の差です。
スタッフの一部にはついてこれずに辞める意志を示しているものもいます。
私は自分で何の努力もせずにはじめからあきらめ、今の現状に満足しているスタッフは必要ないのです。
みなさんの意見を聞かせて下さい。

ちなみに私の考えるテクニシャンは留置や送管は当然の事、獣医師と一緒に治療に参加できるスタッフです。
また、クライアントと獣医師の間の太いパイプであると考えています。
獣医師と同様の知識が無ければ当然勤まらない事だと思います。
トリマーにも我が病院で働くからには同様の知識を求めます。

色々な意見があるでしょうが 賛同できる人がいれば全国からスタッフを受け入れたいと思います。
こんな考えの病院どうおもいます?

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。