獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-199907-7

私は、、、
投稿日 1999年4月16日(金)22時42分 まき

以前より数回か書き込みをさせて頂いている、AHTをしているものです。
 私は、高校卒業後、専門学校に入学したものの、その学校の授業内容や方針のいい加減さに呆れ、1ヶ月で退学届けを出し、新聞の折り込み求人広告で見つけ、バイトをしながら学校に通っていた動物病院でしばらくの間働き、
引っ越しと同時に「この業界ともお別れ、、、」
と一時諦めていたのですが、すぐ近くの動物病院にうちの犬をつれて行った時に偶然働かせて頂く事になり今に至っています。
学校できちんとした教育を受けておらず、全て実地で会得した物ですので、(あまりきちんと教えてくれる機会もなく、、、)他の方々の様に意見できる立場ではないのかも知れません
ただ、私は今でも新しい事には貪欲でいたいと思うし、気になる事は院長にどんどん聞いています。
うちの院長は(獣医師は院長一人です)留置などは獣医の仕事。私達は主に雑務をしています。
全国に動物病院が数ある中、一部の獣医師の仕事をAHTに任せていただける病院はまだ少ないのでしょうか?
私は、今からでもどんどん覚えたいと思っていますが、他のスタッフはそうではない様で、今の所独り相撲で終わっています。
患者さんの中には、私達AHTを信頼し、真剣に相談をして下さる方もいます。
そうなった時、的確に答える事が出来ない時のある自分がとても歯がゆいと感じます。
うちの院長も、林先生の様な考えだったら良かったのに、、、
それとも、退学を選ばずにあのまま学校に通っていればこんな事を考えなかったんでしょうか?

わたしも皆さんに一度お聞きしてみたい。
「AHTは治療に何処まで踏み込んで良いのでしょうか?」

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。