獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-200105-17

ぷりんさんへ
投稿日 2001年5月12日(土)00時47分 わにわに

今日は。私は現在都内の某短大を卒業してトリマー兼AHTの
専門学校に通っている者です。
私個人の経験から言えば、大学は行っておいた方が良いと思います。
今通っている専門学校と短大を比べると、短大の方が遥かに出会える
人の幅が広く、教授の方々も多彩で、とても人生の勉強になりました。
それに比べ、専門は只単に知識を詰め込むだけで、トリマーになるのなら
ともかく、AHTとして病院に就職出来る程度の知識は、独学で十分
出来るはずです。現に、私は大抵の専門で取る愛玩動物飼養管理士2級の
資格を学生時代に独学で取得しました。
専門では、一番大事な人間関係について学べないような気がします。

専門では、「動物の知識」は教えてくれるが、「教養(マナー等)」は
教えてくれません。そして、本当に頭の良い人とは、教養のある人の
事を言うと私は思っています。

動物系の学校は、動物好きが集まる為、自分の動物好きが当然と思って
しまう環境ですが、世間では「動物マニア」であって、「アニメオタク」
や「ゲームオタク」と同じで世間一般からは「マニア」「オタク」とい
う軽蔑を込めた呼び方をされている、という事にも気付かないで社会に
出てしまうような気がします。

それに、ウチのクラスにも大学に入れないで浪人し、今年も落ちたから
大学は縁がないから諦め、ココに入ってきた方が何人かいますが、その人
は皆不真面目な部類に入る行動をし、予備校に比べて学習規則が厳しい、
この年になってなんでこんな規則守らなきゃいけないんだ、やっぱ大学に
入ってたらなぁそうすればもっと(服装・化粧)自由だったのに、等の発言
をし真面目に授業を受けていません。

それに、私も高卒の人たちよりも、短大卒や就職経験者の人たちと話しを
していた方が、マナーや常識があり、とても気持ちが良いです。
なので、ドクターJさんがおっしゃっている事が良く判ります。
私も、短大に入るまでは学歴なんか関係ない、と思っていましたが、専門に
入って高卒の人と接した結果、人格の全部を決まるのはいけないが、ある
程度は学歴で人を判断した方が人生いいんだな、と最近思います。

高卒の方、気を悪くされたらごめんなさい。たかが短大卒で。
でも、1ヶ月専門に通って、高卒の人たちと接した正直な感想が上記です。
勿論大学に入っても、ボーッっとしてたり、いかに授業を楽に終らせるか、
なんてサボる事ばかり考え過ごしては、意味がありません。
4大でしたら、時間が沢山あるはずです。
せっかくです。動物病院に就職したら絶対出来ない色々な経験をしたら如何
ですか?原稿用紙100枚の論文を完成させた時の達成感、先生との文学論争、
年配の教授との人生相談、サークルでボランティア・・・。
どうしても動物に関っていたいのなら、盲導犬のボランティアをやるとか。
これはとても勉強になりますよ。
就職してしまえば、休みは滅多にない職業です。
そんなに焦らず、親が元気な内で、自由になる時間があるうちに、もっともっと
自分の世界を広げてみた方が、就職してからも+になると思いますよ。

私も、出来れば4大に編入したかったです。親が定年なので、諦めましたが。
もっともっと日本語について勉強したかった。
皆4年は長いといいますが、自分が成長し、社会の事を学ぶのには短い時間
です。
私は、いける環境であれば、大学に行くことをオススメします。
絶対に、世界&価値観が引っくり返るぐらいの毎日です!

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。