獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-200201-10

労働条件−動物病院側から
投稿日 2001年10月20日(土)00時35分 動物病院の院長

私もAHTの労働条件について、大変参考になりました。
私のところも、今年の10月から、AHTを1名増やしました。
増員に伴い、勤務時間、給与等を考え直し、文書化しました。
私のところの労働条件を下記に書いていますので、参考にしてください。

@お給料and賞与(ボーナス)の金額
 基本給(初任給)は専門学校を出て、動物看護士の資格を有している場合は、145 000円です。年齢の考慮はありませんが経験は考慮します。
 手当は、皆勤手当と残業手当、通勤手当です。
 賞与は、年2回(7月、12月)で、各1ヶ月+αです。それぞれの能力、勤務態度、出勤状況によって差を付けています。昨年度は、多い人で計4ヶ月出しています。
A週休何日かor月休み何日か
週休制(日曜日が休み)です。祝日は休みです。
B有給休暇の日数
6ヶ月以上勤めて、8割以上出勤すれば、初年度は11日の有給休暇を与えます。以後、勤務年数に応じて、1日ずつ増えていき、20日を限度に与えます。有給休暇の期間の計算は、3月から翌年の2月末までで、消化しきれなかった有給休暇は、基本給に応じて、病院側が買い取る形にして、3月に賞与として支給しています。
C夏休み・冬休みの有無and日数
盆休暇が8月13日から8月15日。年末年始の休暇が12月31日から1月3日まで。病院も閉めます。
D残業の有無and残業手当の有無・金額
労働基準法に準じて残業手当を支給しています。夜10時を超えると150%の支給になりますが、今まで夜10時を超えての残業はありません。
 残業についての考えは、雇用者側が残業が必要とした場合にのみ、残業の命令をして、支給しています。だらだら着替えたり、手際が悪くて遅くなった分や、ただ何もせず残っていたのでは残業とはしていません。
E休日出勤の有無and休日出勤手当てor振り替え
休日出勤は、滅多にありませんが、家族旅行等で、誰もいないときに、入院動物がいれば世話に来てもらうことがあります。その場合は、休日出勤手当を支給しています。振替はありません。
F交通費の有無
交通機関を使用する場合は、1ヶ月の定期に換算して支給します。ただし、上限は月20 900円までです。自動車通勤については、距離に応じて、非課税扱いの範囲で支給しています。
G雇用保険の有無
雇用保険、労災、社会保険、厚生年金をつけています。
H昇給
昇給は、試用期間が終了し、正社員になった時と、正社員になった月に、毎年昇給しています。昇給の割合は、3〜5パーセントの間です。その人の能力により、昇給の差があります。
I就業時間
平日は、9時から18時までで、休憩・休息時間が計1時間20分。
 土曜日は、9時から15時までで、途中休息時間が30分です。
 病院は、平日は19時までですので、交替で1名、19時まで残業です。その分については、残業手当を支給しています。
Jその他
週40時間労働といわれていますが、従業員が9名以下の動物病院は、特例事業所として、週44時間までいいそうです。週44時間労働というのは、1週間にこだわらず、1年単位の変形労働制、1ヶ月単位の変形労働制でもよく、祝日は考えなくて、その単位で計算して、週になおすと44時間になればよいそうです。
 それ考えて、増員に伴い、11月から3月までを週休2日制、4月から10月までを週休制の案と、4週間ごとに隔週休2日制の案と、早出遅出制の案と、Iの就業時間を従業員に提案したところ、誰かが休んでいると引継がうまくいかないこともあるということで、Iがよいとのことで、私のところはIの形になりました。
私のところは、コンピューター化がすすんでいて、電子カルテで紙のカルテはありません。診療項目を入力しないと会計ができませんので、診察後、獣医師が入力し、印刷された明細書の金額を請求すればよく、投薬等も受付に処方が出ますので、それに合わせた薬などを出せばよい仕組みになっています。面倒な入院の計算や消費税の計算もすべてパソコンがしてくれます。当然、DMも在庫管理もパソコンがしますので、省力化になっています。紙のカルテであれば、カルテの整理に、あと1名か2名必要と思いますが、パソコンにやれることはパソコンにという主義ですので、かなり省力化になっていると思います。
 雇用者側としては、従業員は、病院の利益を上げてくれる人、飼主のうけがいい人、てきぱきと仕事をしてくれる人が望ましいです。自分の苦手な飼主が来院すると、受付が忙しいのに、その場を逃げ出したり、狂犬病ワクチンの実施可能年齢を、何年経っても、飼主の前でいちいち聞いてきたり、「自分が説明しても飼主は信用しない」と言って、全然仕事に対して情熱がない人、耳垢検査をさせても、たくさん耳ダニがいるのに、経験や年数を積んでも見落として上達しない人、ただぼーとつったっている人は、必要ありません。給料泥棒みたいなものですし、実際、解雇したこともあります。
 私は、能力がある人には、それなりの給料を払ってもいいと思っています。ちなみに昨年度のAHTの最高額は、年収3 986 159円で、勤務4年目です。非常に有能な人です。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。