獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-200201-9

労働条件。
投稿日 2001年10月18日(木)01時19分 やご

39歳、獣医師です。最近、AHTの雇用条件に関する投稿がいくつかあり、とても興味深く読ませていただきました。たしかに、「相場」というものがなにもわからず、働いていただく側の私達も手探り状態です。こういった、情報交換の場はとても貴重なものに思えます。

 当病院のAHT(現在4名)の、実際の給与明細は以下の通り。何かの参考になれば幸です。

 Tさん。勤務6年目。

 基本給  155 000
 通勤手当   6 500
 残業手当  61 254
 主任手当  10 000
              総支給額   232 754

    健康保険  9 350
    厚生年金 19 085
    雇用保険    936
                  社会保険料控除額  29 371

    所得税   7 240
    地方税   3 600

  現金支給額  192 543円

Sさん。勤務4年目。

 基本給  142 000
 通勤手当   2 000
 残業手当  54 120
 住宅手当  10 000
              総支給額   208 120

    健康保険  8 500
    厚生年金 17 350
    雇用保険    828
                  社会保険料控除額  26 678

    所得税   6 460
    地方税   1 100
  現金支給額  173 882円

 以下、箇条書き風に当院の特徴、勤務条件などを書き並べて見ます。

 週労働時間40時間で基本給の算定をしています。時間外は125%の残業手当で、全額支給します。レジスターをタイムカード代わりに使って、分単位で全て集計しています。当然、夏と冬とでは残業手当に大きな開きが出てきます。上記の金額は2001年4月分です。
 賞与は年3回(気持ち程度の年度末含む)ですが、ここは能率給にしています。Tさんの2 000年度の賞与は総額、599 527円。Sさんは、362 484円。かなり違ってますね。
 有給休暇は初年度10日、最大20日まで1年度ごとに1日増やしていきます。ただし、このうち4日分は、盆暮れの休暇に指定休としてあてています。また、AHT間の休暇の交換は自由に行っていいことにしています。
 社会保険は、今年で3年目に成ります。国民健康保険なら、基本給をプラス20 000程度上げることも可能ですが、こちらを選びました。退職金は、10年勤務で100万円、20年で250万円程度を目安に中退協で積みたてています。
 当院でややこしいのは、労働時間です。夏と冬で忙しさが違いますので、「年間変形労働時間」というのを採用しています。年間の労働時間を、多忙な半年で55%、冬場に45%くらいの割合で、勤務カレンダーを作製、年度はじめに、AHT個人個人に渡しています。
 診療時間も曜日によって何種類かあり、週に3日は20:00まで受け付けということにしています。御存知のように、20:00受け付けだと、本当に終れるのは9時10時です。この3日間は、かなり過酷だと思います。
 今年から、かねてから懸案の健康診断を始めました。半日ドック、38 000円、全額病院負担です。もちろん、勤務時間を利用しての検診になります。
 各種講習会等への参加も、おおいに勧めています。専門の勉強会はもとより、「雇用促進事業団」等が主催する、一般企業向けの講習に行ってもらうことも多いです。「接客」「対人関係」「顧客満足」、すべてAHTにも必要とされる知識技術ですから、実務の中で多いに役立ててもらっています。この場合、交通費、参加費用は病院負担。出張扱いにしていますので、日当3 000円も支給しています。

 一般の仕事に比べても、AHTさんの勤務内容はとてもきついものだと思います。それにみあった待遇をしてやりたいとは思うものの、なかなか充分にはできません。せめて、できる事から少しずつ改善していこうと考えています。



◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。