獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-200201-51

がんばれ!シッポナさん!
投稿日 2002年1月27日(日)10時28分 みけ

>エサだけ食べに来ていた野良猫さんが庭でうずくまっていたそうです。

!全く同じ経験をしました。(と言っても病院勤めなら誰でもありますよね・・)
うちの場合も詳しい話も聞かずに逃げるように「安楽死代金」を置いてそそくさと
帰られた。手術で治るのに!(手術代金恐いのは分るけど・・・)

シッポナさんと同じケースで交通事故による骨盤骨折、肝機能障害があったネコちゃん。
先生と相談の結果、とにかく治療して、健康になったら里親さんを探す事になった。
ところが回復した頃には私の新しい家族になって・・・・(猫は3匹目)

でも、今回はまだ飼いきれる頭数だったので幸運だっただけ。
この先の事を考えるとシッポナサンと同じ悩みを抱えるのは目に見えてます。
無責任な考えの人が減らない限りは解決しない問題だし自分で何とか出来る
範囲なんてあまりにも限りがある・・・・
確かに、里親探しなど活動をしていけばいいけどスタッフが少ないとこれも
とてもしんどい事。病院で積極的に受けるわけにも行かない領域ですよね?
ちゃんと準備が出来ていないと本業に差し支える!

地域猫を守る方たちが力強く活動されている地域は理想的ですね。
どんな考えでどんな事をしていらっしゃるのか私も勉強中です。
「不幸な猫を減らすのに看護士としてはどんな事が出来るのか?」
立場的には飼い主さんへの啓蒙活動が重要なポイントだと思うので
そこを何とか頑張りたい。
無責任な接し方をしないよう、上手く良い方向にアドバイスしたい。
看護士によるそんなネットワークが有れば力強いですね。
うちもそうだけど、スタッフの少ない(看護士一人)病院だと
同じレベルで話せる人も無く煮詰まってしまう!!
シッポナさん、お互い頑張りましょう。
ココBBSで何か良いヒントが見つかる事を祈って。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。