獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-200201-53

野良猫
投稿日 2002年1月28日(月)01時35分 青衣の天使

シッポナさんの話を含めて・・・

野良猫の治療の場合、お金の問題で困ることは多いですよね。
名前まで付いてても、飼い猫ではない。だから医療費考慮して欲しいって
平気で言う人も少なくありません( ̄□ ̄;)!!
外飼いの野良猫もどきってのが、1番厄介だなぁ〜って思います。
餌はあげてるから、繁殖力もつく。それで数頭出産して、里親探して欲しいって
子猫を病院に連れてくる。それも1度とは限らない。
その上、風邪ひいてたり、目は目ヤニで酷かったり。その子猫を費用0で預かって欲しいなのだから。
うちじゃ飼えないからなんとかして欲しいと言われても・・・
あくまで病院であって、孤児院ではないし。その費用をなぜ病院が負担しなくてならないのか。
病院に連れて行けば(病院前に置いていけば)なんとかなるって考えてる人は少なくない。
かわいそうだからって連れて来るけれど、自分の手を汚したくないだけって感じで。
決して保健所に連れて行く気はない。そんなのかわいそうだと・・・。
費用もなしで、何をしろと言うのだろうか。ボランティア団体ではないのに。
親猫と子猫が一緒に捨てられてたこともある。子猫は飼えないからってのは良くあるが
首輪をした親猫まで一緒で、空気穴もないダンボールの外には
寒いので、かわいそうなので、なるべく早くなんとかして下さい。なんて紙が・・・
何を考えてるのか。空気穴もなしに、カイロが入れられ蒸れ蒸れになってたよ。
乳飲み子が捨てられていて、交代で連れて帰り、ミルクを夜な夜な飲ませたこともある。
と、怒りばかり長くなってしまったが
たぶん、どこの病院でも多い少ないはあれ、経験していることだと思います。

片方の後肢の下がない犬が庭に迷い込んで来たと連れてこられたことがある。
数日前に交通事故にあったものと思われました。
断脚すれば、生活は出来たと思います。
連れてきた人の家では犬も居て、飼えないとのことで、先生との間で安楽死が決まっていた。
私はその処置にずっと付き添ったのだが・・・
愛犬を亡くして数日のことで、とても辛かった。
安楽死なの?と聞く私に、じゃあ、おまえ飼えるのか?と言われ、返す言葉が無かった。
無責任に私が飼いますとも言えないし、連れてきた人を責めることは出来ない。
連れてきた人は安楽死の費用を出し、火葬にも自ら連れて行ってくれるのだから。
理想的に言えば、断脚オペをして、里親を探すことだろうが・・・
里親を探すまでの間どうするのか、見つからなかったら?
それまでの間、病院で面倒みるわけにもいかない。その費用は一般患者の負担になってしまうから。

野良猫で一例、病院で面倒を見ている子も居ます。
交通事故による骨盤骨折。
先生たち(勤務医の先生たち)のオペ練習ということで、
オペをして、病院で余生を過ごしています。
ノラだけに、私たちに慣れるまでに何ヶ月も必要としましたが
今では病院の輸血猫たちと仲良く生活をしています。

野良猫の問題はとっても難しい。
ずっと昔からこの問題に取り組んでこられた方は多く、貢献もしていますが
なくなることがありません。
根本的に捨てる人が居る限り、なくならないんですよね。この問題。






http://www.katch.ne.jp/~yokoyama/

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。