獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-200202-10

それぞれの責任において。
投稿日 2002年2月6日(水)23時24分 シッポナ

皆さんからのご意見を拝見させていただき、本当にいろんな考えがあるんだなぁ・・・と改めて感じました。
どのお考えが、正しいか、間違っているか、と言うのではなく、それぞれのお考えで責任を持っているのならと思いました。
事故にあって手術をした猫さんは、毎日ご機嫌で過ごしています。この先のことはまだまだ悩んでいますが、もし安楽死を選んでいたら、今頃はもっと重い悩みを抱えていたかも知れません。
今回安楽死を選んでいたら、また次に同じ様な子が来たとき、それほど躊躇することも悩むこともなく、「仕方ないか・・・」と安楽死をしてしまっていたかも知れません。もしかしたら、こんな事に慣れていたかも。
新しい子が増えたからと行って、古くからいる子に退場してもらうなんて事、私にはとても考えつきませんでした。私は情けない看護士で、1週間でも一緒に暮らしてしまった子に対して、自らの手で殺すなんて事はとてもできません。
ましてや、1ヶ月育てたり、半年して避妊去勢をして放したり、しなくてはいけない状況に追い込まれてしまっても、私にはきっとできないと思いました。そんなことしたら、きっと気が狂ってしまいます。
去年の夏に捨てられていた子の避妊手術をしました。大きくなったら里親を探そうと思っていた矢先に、てんかん発作を起こしました。でもそれ以外は健康で、人間が大好きで甘えん坊、本当にイイコに育ってくれました。
ウチの末っ子も2ヶ月くらいで捨てられていましたが、箱を開けると恐ろしさのあまりシャーシャーと叫び、エサを入れる手にも怯えて逃げていました。今も知らない人の気配を感じると、真っ先に隠れてブルブル震えています。
よほど怖い思いをしたんだろう・・・と可哀想になります。でも安心して甘えられる人が1人でも居てくれるって事、人間でも動物でもとても幸せなことですよね。その安心を与えられる1人になるって事も、とっても大切だと思いました。
いろいろと皆さんをお騒がせしましたが、未来ある子への安楽死をする事は、私には無理だと思いました。しなければならない状況になっても、限界を超えてしまっても、私はきっと頑張り通してしまうかも知れません。
この性格、看護士向きではないと思われます。

そして、「ともさん」へ
看護士を目指して、学校に通い、就職先があるか?ということですが、この不景気でも求人はいっぱいあります。
専門学校にもいっぱいあると思いますし、インターズーという会社が毎月出している「as」アズ・アニマルスペシャリストという雑誌にも求人は載っています。そしてこの掲示板の求人求職の掲示板にもあります。
ただ問題は、ともさんに合っているかどうかです。もちろん近場の方が何かと便利でしょうから、電話帳を片手に通える範囲の動物病院に電話をかけまくり、求人をしているかを聞くのも確実でしょう。
お給料の面でも、この仕事はキツイ割りには低収入だと思います。それに耐えていけるかどうか。
そして、動物病院に限らず何処に就職しても出てくる問題ですが、人間関係も大切だと思います。その病院の命に対しての考え方が、ともさんとあまりにもかけ離れていたら、耐えられないかも知れません。
あとはともさんがどれだけ頑張れるかです。毎日毎日帰りが遅くなっても、休みが少なくても、引っかかれ咬まれて痛い思いをしても、死に直面して自分の無力さを思い知らされても、悔しい思いや悲しい思いに押し潰されそうになっても、ともさんがこの仕事にやり甲斐を見つけ頑張れるなら、大丈夫だと思います。
高い授業料を払って、結局就職できなかった・・・と言うことを心配されているなら、専門学校に通わなくても雇ってくれる病院はあると思いますので、まずは電話で当たってみたらいかがですか?動物に対しての基礎知識や、病気に関しての知識、知らなければならないことはいっぱいありますが、働きながらの勉強でも頑張れば、学校に通っていた子に負けないほどの知識を身に着けることだって可能です。
もし、長期のお休みがあるなら、何日か病院へ見学や実習に行ってみてもいいでしょう。思い描いている仕事と現場は違うかも知れません。
とにかく、ともさんのお気持ちに掛かっています。頑張れば必ず答えは返ってくると思いますよ。頑張ってくださいね。



◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。