獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-200306-33

保定について
投稿日 2002年12月22日(日)23時13分 nako

こんにちは。 始めまして。 保定って本当に病院によって
違いがありますよね。 私も学生の頃や就職でいろいろな
病院を見てきました。 学校では保定のし方は全然教わっておらず、
最初に実習に行った病院ではきのこさんのように、「全然ダメ、何を
やっているんだ」と怒られてばかりでした。
とても忙しい病院で保定を教わる時間もなく、病院が終わってからの
入院の子達の治療の時にかったぱしから保定させてもらい、自分なり
にも保定のし方を研究したりしました。
病院によって違いはあるものの、ようはりんごさんのおしゃる通りに
「治療しやすい保定」 「保定される子が暴れずいやがらない保定」
をすることが大切だと思います。
正直保定も慣れだと思います。 たくさんの子を保定していけば
「この子は押さえつけられるのが嫌なんだ」とか分かり「その子
にあった保定」が出来るようになりますよ。
最初は戸惑う事もたくさんあるとは思いますが、型にはまりすぎず
「そのこにあった保定」を考えながら頑張ってください。
先輩の保定のし方を見ておくのもとても参考になりますよ。
たくさんの経験はいずれ自分の自信につながります。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。