シネマチェックトップページ50音別indexア行index


英国王のスピーチ      


2010年 イギリス・オーストラリア(THE KING'S SPEECH)
伝記・歴史   

<監督>トム・フーパー
<キャスト>コリン・ファース , ジェフリー・ラッシュ , ヘレナ・ボナム=カーター , ガイ・ピアース , ティモシー・スポール , マイケル・ガンボン

<ストーリー>
吃音のため、人前でしゃべることを避けてきたジョージ6世(コリン・ファース)だったが、王族という立場上、人前に出ないわけにはいかず、吃音を直すべく、様々な治療を受けていたが、効果は上がらなかった。妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、新聞広告で探したスピーチ矯正の専門家ライオネル・ローグ(ジェフリー・ラッシュ)に、最後の望みを託すが・・・。

<感想>
アカデミー賞の最有力候補なので、絶対、授賞式前に見たくて、初日に、取るものも取りあえず、急いで見てきました(^^)。

予告編でも、とても面白そうでしたが、本編も、それに違わず、楽しかったです。
特に、吃音の治療シーンは、大の大人が、二人して、まじめに、変なことをするので、面白い〜(^^)。
まあ、ご本人にとっては、大まじめなことなんですけど、だからこそ、見ている方は、笑えます(^^)。
同時に、吃音の原因や、その不思議なメカニズムも、説明されていて、そのあたりは、ちょっとホロッとしてしまいました。

描かれているのは、ジョージ6世。
現エリザベス女王のお父様です。
最近、英国の歴史映画を続けて見ているので、だいたいの王位継承の流れは、知っていましたが、
さらに詳しく見ることができて、その辺りも面白かったです。

王族として生まれても、最初から、王族にふさわしい貫禄や、素質に恵まれているわけではなく、
王族に生まれた彼ら一人一人の努力によって、王として、女王として、国民の前に立ち、尊敬されるようになるのだということが、(当たり前のことですが)改めて、感じられました。

また、ヘレン・ミレンの「クィーン」を見た時にも思いましたが、
庶民からは遠い存在のように思える、イギリスの王族、とりわけ、王とか、女王ですが、
プライベートは、ごく普通の家庭なんだなぁと、今回も感じて、これまた、そんなこと、当たり前なんだけど、なんだか、意外なんですよね〜(^^)。

主演のコリン・ファース。
とっても良かったです〜〜(^^)。
前半は、特に、吃音の症状がきつくて、
こちらまで、口元に力が入ってしまいました。
こういう演技って、難しそうだわ〜〜(^^)。

彼を治療する先生役には、ベテラン、ジェフリー・ラッシュ。
もちろん、すばらしかったです。
彼特有の、まじめさの中のユーモラスさが、絶妙!(^^)。

妻役のヘレナ・ボナム=カーターも、夫に対する愛情をいっぱい感じられて良かったです。
最近、彼女は、ちょっと変わった役・・・二頭身の女王役とか(^^)・・・が、多かったですが、こういう役も、本当に、うまいですね〜(^^)。

アカデミー各賞で、有力視されているこの作品と、「ソーシャル・ネットワーク」
さて、どちらが、どの賞を獲るのでしょう。
明日が楽しみだわ〜〜(^^)。(2011,02,26)





      ヴィクトリア女王(1837-1901)
         ↓(次男)
      エドワード七世(1901-1910)
         ↓(次男)
      ジョージ五世(1910-1936)
         ↓(長男)
      エドワード八世(1936年1月20日-1936年12月11日)
         ↓(弟)
      ジョージ六世(1936-1952)
         ↓(第1子)
      エリザベス二世(1952-)






シネマチェックトップへ