シネマチェックトップページ50音別indexア行index 


悪魔は闇に蠢く      


2014年 韓国
サスペンス・犯罪   

<監督>シン・ジェヨン
<キャスト> チョン・ギョンホ , キム・セロン

<ストーリー>
ソウル市内で連続失踪事件が発生していた。そんな時、耳の不自由なスジョン(キム・セロン)は、姉ヨンソ(チョン・ユミ)を迎えに夜道を歩いていた・・・。

<感想>
「モースト・デンジャラス・シネマグランプリ2015」で上映された韓国映画です。
偏見かもしれませんが、韓国映画は、ラブコメか、陰惨な事件かのどちらかのような気がします・・・(^_^;。 この映画は、いかにも、後者の映画。
前情報も何もなしに見たのですが、この題名と、オープニング映像とで、内容は十分予感できました(T_T)。

映画は、下水道に住む不気味な”悪魔”が次々に無警戒な被害者を穴に引きずり込んで殺人を犯すというもの。
途中までは、凄惨だけどミステリアスな内容に、少し興味が引かれましたが、結局、 映像が暗い上、犯人の意図もよく分からず、シリアスな韓国映画にも必ず登場するおちゃらけ人物の存在意味も見いだせないような映画でした。
ラストショットも、「実は・・・」みたいな描かれ方でしたが、監督の意図とは違って、韓国の警察は、どないなっとんねん!と、怒りが増すばかりでしたねぇ・・・(^_^;。

キャストに「冬の小鳥」のキム・セロンがいたことだけが、救い・・・というか見所でしたかね。(2017,03,16)



シネマチェックトップへ