シネマチェックトップページ50音別indexサ行index 


ゼロ・ダーク・サーティ      


2012年 アメリカ (ZERO DARK THIRTY)
歴史・スリラー   

<監督>キャスリン・ビグロー
<キャスト>ジェシカ・チャステイン , ジェイソン・クラーク , ジョエル・エドガートン , ジェームズ・ガンドルフィーニ , ハロルド・ペリノー , ホマユン・エルシャディ , クリス・プラット , マーク・ストロング

<ストーリー>
911事件後、ビンラディンを必死に追うCIAだが、なかなか成果が出なかった。そこへ新しく、女性分析官マヤが赴任し、パキスタンへ飛ぶが、そこで見たのは、過酷な情報収集だった。そして、相変わらず、彼の行方は、ようとしてつかめなかった・・・。

<感想>
 「ハート・ロッカー」でオスカーに輝いたキャスリン・ビグロー監督作で、今回も、アカデミー賞有力だそうです。
女性ながら、こんな硬派な映画を作るなんて、すごいなぁ。

9.11事件の首謀者であるビンラディンの追跡をするCIAの最前線に、華奢な若い女性マヤが加わるところから話は始まります。

事件の音声に続いて映し出されたのは、小屋の中で行われる拷問シーン。
拷問による、情報収集が行われていたことは、想像出来たとは言え、やはりそれは、衝撃的でした。
こういうことは、ドラマの中の世界では普通にあっても、こうして見ると、とてもリアルで、苦しいです。

その場面に、立ちすくむマヤ。
しかし、捜査に慣れるにしたがって、拷問シーンの映像を繰り返し観ながら分析をするのは、慣れであると同時に、仕事への使命感、そして執念なのでしょうか。

その後、拷問による情報収集が規制され、事件解明への道はさらに遠くなったように見えても、解明への可能性のありそうな情報を丹念に調べ上げ、根気強く事実を積み上げてゆくところは、地味で、地道で、まさしく、プロの仕事でした。

クライマックスの作戦実行のあたりからは、息をするのが辛いほどの緊迫感に圧倒されました。
訓練された兵士が訓練通りに行動するものの、やはり、そこには、計画通りに行かないことも、さらには、アクシデントもあり、手に汗握ります。

映画がどうと言うよりも、この計画自体がすごいなぁという思いを強く感じました。
これだけの確証で、GOサインを出すと言うことは、それだけ、危機感が強かったということでしょうね。

主演のジェシカ・チャステインは、本当に細くて華奢な女性で、実際の女性分析官も、こんな感じだったのでしょうか。この荒々しい世界の、ちっぽけな彼女の存在が印象的で、スクリーンの中の彼女に、釘付けでした。
ただ、天才的な感覚を持つ・・・ようなことは、あまり感じられなかったですけど(^_^;。

さて、いよいよアカデミー賞授賞式が近づいてきましたが、私が見たオスカー候補作の中での順位は、
レ・ミゼラブルアルゴ>ゼロ・ダーク・サーティ>ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
って感じかな(^▽^)。(2013,02,17)



シネマチェックトップへ