シネマチェックトップページ50音別indexサ行index 


三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船      


2011年 フランス・アメリカ・イギリス・ドイツ
アクション・アドベンチャー・ロマンス   

<監督>ポール・W・S・アンダーソン
<キャスト> ローガン・ラーマン, ミラ・ジョヴォヴィッチ, オーランド・ブルーム, クリストフ・ヴァルツ, マシュー・マクファディン, マッツ・ミケルセン, ルーク・エヴァンス

<ストーリー>
17世紀のフランス。希望を胸に、田舎からパリに出てきたダルタニアン(ローガン・ラーマン)は、町に着くや早々、三銃士の面々と、決闘することになる。しかしそこに、リシュリュー枢機卿(クリストフ・ヴァルツ)の手下が現れ、4人は、協力して戦うことになり、意気投合する。そんな頃、ルイ13世の王妃に、ある陰謀が仕組まれていた・・・。

<感想>
三銃士とダルタニアンというと、私はレオの「仮面の男」を思い出してしまうのですが、あれは、もっとあとの時代。
本当は、こんなに若い頃から話が始まるのですよね〜(^^)。
デュマの原作は、読んだことはありませんが、wikiで調べると、この映画、割と、原作に忠実であることが分かります。
もちろん、原作には、ダ・ヴィンチの飛行船・・・なんて、出てこないんでしょうけど(^^)。
でも、ひょっとすると、そんな乗り物の話にも、ちょっと触れているところがあるのかな??

実は、この映画、私は、題名からして、あまりにも、荒唐無稽で、見る気にならず、公開終了ぎりぎりになっての鑑賞となってしまいました。
でも、これが、意外と、よかったんです〜。
何が良かったかというと、3D!!
今まで見た3Dのうちでも、一番この映画の3Dが、楽しめたような気がします。
映画自体、3Dを前提として作ってあるようで、3Dの醍醐味を堪能できました(^^)。
このすばらしい3Dを見たい方は、映画館に急げ!!(^^)。
あ〜ん、もう終わっちゃうよーーー(^^;。

ストーリーは、原作に、ほぼ忠実のようですが、
アクションは、現代風で、迫力があり、「バイオハザード」コンビ(監督と、ミラ)なだけあって、派手派手で、気軽に楽しめる映画になっていました。
やっぱり、ミラのアクションは、好きだわ〜〜(^^)。

ちょっと残念だったのは、主演でダルタニアン役のローガン・ラーマン。
彼は、今まで、子役として、いろいろな映画に出演していて、若いながら、すごいキャリアの青年なのですが、
でも、私には、イマイチ魅力的とは思えなかったのです(^^;。
もうチョイ私好みの男の子なら、もっと楽しめたのになぁ。
まあ、でも、映画全体としては、そこそこ楽しめました(^^)。(2011,11,22)



シネマチェックトップへ