シネマチェックトップページ50音別indexサ行index 


ジュラシック・ワールド      


2015年 アメリカ (JURASSIC WORLD)
アクション・アドベンチャー・SF   

<監督>コリン・トレヴォロウ
<キャスト> クリス・プラット , ブライス・ダラス・ハワード , ヴィンセント・ドノフリオ , オマール・シー , イルファン・カーン

<ストーリー>
”ジュラシック・ワールド”がオープンして、連日観光客が押し寄せていた。パークの責任者、クレア(ブライス・ダラス・ハワード)の甥のザック(ニック・ロビンソン)とグレイ(タイ・シンプキンス)が遊びに来ていたが、そんな時、新種の恐竜が脱走するという事故が起きる・・・。

<感想>
3D吹き替えで見てきました。
まさに夏休みにぴったりの娯楽大作です。

1993年に公開された第1作目の「ジュラシック・パーク」から20年以上。
あの当時の驚きと感動を超えることはなかったものの、迫力は満点で、十分楽しむことが出来ました。
しかし、あの一作以来、こういう映画の特殊技術を見ることに、ずいぶん慣れてしまったことに、改めて驚きます。

今回の目玉の恐竜は、遺伝子組み換え操作で誕生したハイブリット恐竜。
何と何とを組み込んだのかは、徐々に明かされてゆきますが、それが最後までお楽しみにひとつともなっています。
でもこういう基本的な情報をパークの責任者たちが知らされていないなんて最悪です。
科学者は、機会さえあれば、最新技術を駆使して、まるで神のような気分を味わいたいものなのかもしれません。
まあ、そういうこともあって、こういう事態が起きて、パニック映画になるわけですが、あくまでも映画の上だけの話にしておいて欲しいです。

そして、もう一つの目玉は、映画のCMでも話題の、クリス・プラットとラプトルたちとの信頼関係。
1作目では、その敏捷さと賢さで、戦慄させられたラプトルでしたが、今回は・・・紆余曲折もあり、面白く描かれていました(*^o^*)。

1箇所、驚いて椅子から飛び上がったところがありました・・・(^_^;。
とても恥ずかしかったけど、みんな3Dメガネをしているから、気づかれずにすんだかな?!(*^o^*)。
そんな意味でも3Dはお薦めデス(*^o^*)。(2015,08,05)



シネマチェックトップへ